人気若手芸人から、トークが面白いアナウンサーまで! 2020年秋の新番組【西日本編】

今回は秋にスタートした西日本の地域の新番組の中から22本を紹介します。お気に入りの番組を見つけてみてください。東日本編とあわせてどうぞ!

乃木坂46から人気アナウンサーまで! 2020年秋の新番組【東日本編】

ABCラジオ

『ウラのウラまで浦川です』

頭の回転が早くて口が達者な浦川泰幸アナウンサーは、経験もエピソードも豊富です。ただし、心はいつも後ろ向き。パートナーとトークのつつき合いをしながら番組を進行します。話が進みそうで進まないこともありますが、そこがまた面白いところ。特に浦川さんと月曜パートナー・珠久美穂子さんでお送りする『ABCミュージックパラダイス』コンビは“仲良くケンカ”をしています。

新聞解説では、子どもの頃から新聞が大好きだった浦川さんが本領を発揮し、冗談抜きで真剣に解説します。ほかの曜日パートナーは、火曜にナジャ・グランディーバさん、水曜に亀石倫子さん、金曜に塩田えみさん・中西正男さんがそれぞれ担当しています。

ウラのウラまで浦川です
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 15時00分~17時55分
出演者:浦川泰幸、塩田えみ、中西正男
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ウラウラ」
月曜日は15時〜17時25分

※放送情報は変更となる場合があります。

MBSラジオ

『コウテイの銀蛾・流電音(ギガ・ルデオ)』

若手芸人のコウテイは、MBSラジオ演芸・第八回ヤングスネーク杯、ABC新人お笑いグランプリ(ともに2020年)に優勝した注目のコンビです。先に進みそうで進まないトークとキレの良い言葉選びに、しょうもない屁理屈(褒め言葉)も飛び交いワチャワチャしていますが、手数が非常に多くて30分間大満足です。

コウテイの銀蛾・流電音(ギガ・ルデオ)
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週金曜 20時00分~20時55分
出演者:コウテイ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ギガルデオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

『次は~新福島!=第4章 冬将軍=』

ナイターオフ恒例、福島暢啓アナウンサーの番組が帰ってきました。野球のない季節にひょっこり出てきて、暖かくなるとその姿を隠す、まさに「冬将軍」な内容でお届けします。

火曜のテーマは「冬」。「僕ら周年探偵団!」(知らなかった知識が次々に判明)、「やきそばかおるの冬期集中ラジオ講座!」ほか。水曜は「将軍」。「皆の者、将軍にシタってちょーだい!」(あっと驚くゲストも登場予定)、「亀井希生の明日から使える武将列伝!」などのコーナーを。もちろん、両曜日に福島アナのフリートークもあります。よふかしイエローののぶそうさんも健在です。

次は~新福島!=第4章 冬将軍=
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週火曜~水曜 20時00分~22時00分
出演者:福島暢啓(MBSアナウンサー)、信宗啓太(よふかしイエロー)、やきそばかおる(ラジオコラムニスト)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#次新」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM802

『MUSIC FREAKS』

「これからブレイクが期待されるアーティスト」をコンセプトに1998年にスタートしたこの番組は、2組のアーティストが1年間限定、隔週で出演します。これまでにスガシカオさん、阿部真央さん、岸田繁さん(くるり)、三浦大知さん、あいみょんさん、藤原聡さん(Official髭男dism)、藤原さくらさんら錚々たるメンバーが務めています。

新シーズン(2020年10月〜2021年9月)は、マカロニえんぴつ・はっとりさんとmiletさんが担当。はっとりさんは目の付け所が面白く、miletさんはテレビではあまり話さないプライベートトークを語るなど、二人の自由なトークと選曲に注目です。

MUSIC FREAKS
放送局:FM802
放送日時:毎週日曜 22時00分~24時00分
出演者:はっとり(マカロニえんぴつ)、milet
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

Kiss FM KOBE

『テンション!!!!』

2021年3月までの期間限定番組で、曜日別にオリジナルの企画を行っています。月曜は神戸出身の桂あおばさん。「今日のトレンド落語」ではツイッターに入ったトレンドワードからクジで選んだ3つのワードを使った落語を即興で披露するかなりハードルの高い企画です。多少、力技であってもなんとかやり抜きます。

火曜日はクマガイタツロウさん。Kiss FM KOBEが流れているお店をクマガイさん自ら訪問。 水曜日は大阪在住、大学生のシンガーソングライター、寺田もかさん。メッセージテーマで曲を作るほか、カバーの生演奏も披露します。木曜日は元Jリーガーでしゃべりも上手い近藤岳登さん。「近藤岳登 マンガ道」ではマンガの教訓や名言を紹介します。

テンション!!!!
放送局:Kiss FM KOBE
放送日時:毎週月曜~木曜 11時30分~13時00分
出演者:(月)桂あおば、(火)クマガイタツロウ、(水)寺田もか、(木)近藤岳登
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

KBS京都ラジオ

『26回のホら話』

おすすめの邦楽、人、ものを紹介する番組です。パーソナリティーの山下賢二さんは、各地の書店ファンに愛された「ガケ書房」を開業。2015年に移転・改名し、本の多いお土産屋「ホホホ座」をオープンしました。書籍販売のみならず、さまざまなカルチャーを発信しています。紹介する音楽は「そうくるか!」と思う面白い選曲です。中でも「ディスカバリー有名人」のコーナーでは、最近ではかからない曲を解説とともに紹介します。

26回のホら話
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週木曜 18時00分~19時00分
出演者:山下賢二
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#26hola」

※放送情報は変更となる場合があります。

RCCラジオ

『名曲天国! ミュージック・ア・ゴーゴー』

ナイターオフ恒例、青山高治さんによる音楽番組です。今期は今までとは少し変わった形でスタートし、コンセプトは“あの頃作ったカセットテープのように音楽を選んで並べて味わう、音楽批評番組”。

筒美京平さんの楽曲を4週にわたってオンエアしたり、ちょっとひとクセある選曲をしたりなど、リスナーの心をワクワクさせます。10〜20代の人にとっては、世間では“名曲”と呼ばれているものの、あまりピンこないような曲にも出会えて音楽に詳しくなる番組です。

名曲天国!ミュージック・ア・ゴーゴー!
放送局:RCCラジオ
放送日時:毎週土曜 16時00分~16時55分
出演者:青山高治
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#gogorcc」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM徳島

『レア徳島/720,000 ~ごっついことしよる人~』

レアな活動をしている徳島人(レア様)を日本中に向けて紹介します。パーソナリティーは良い声の持ち主、土橋琢史さん。相手の緊張をほぐすのが上手く、レア様のすごいところ次々に掘り起こします。

レア徳島/720,000 ~ごっついことしよる人~
放送局:FM徳島
放送日時:毎週水曜 11時30分~11時55分
出演者:土橋琢史
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#レア徳島」

※放送情報は変更となる場合があります。

RNB南海放送

『ヒコヒコジョッキー「ラジオマンの憂鬱」』

ラジオにとっては“若い世代にいかにラジオを聴いてもらうか”が永遠の課題となってる中、敢えて“49歳以下はお断り”と言い切っている音楽番組です(実際は49代以下のリスナーもかなり多いそうです)。

DJは愛媛・南海放送の元アナウンサーで、現会長の田中和彦さん。田中さんといえば、南海放送を聴いていた人にとっては『POPSヒコヒコタイム』でおなじみ。およそ18年ぶりに田中さんの音楽番組が帰ってきました。

田中さんの“思わずメモしたくなる”トークのほか、皆さんのそれぞれのエピソードと思い出の曲をたっぷりと味わえます。誰かのエピソードに、自分の青春時代を重ね合わせる瞬間があるかも……。

ヒコヒコジョッキー「ラジオマンの憂鬱」
放送局:RNB南海放送
放送日時:毎週日曜 10時00分~12時00分
出演者:田中和彦
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

『おとくいさま』

音をテーマにしたクイズ&トーク番組。聴きどころはひとひねり加えてあるクイズと、藤田ストライクさんによる、ゲストパーソナリティー(耳フレンズ)いじり。つつくポイントがうまく、あまりプライベートを明かすことがないパーソナリティーからとっておきの話を引き出します。

週5回の放送のうち、1問正解で“耳素人”、2問正解で“耳ノーマル”、3問正解で“耳アマチュア”、4問全て正解で“耳プロ”、5問正解で“耳神様”です。分かったら南海放送アプリで応募。今のうちにアプリをダウンロードしておきましょう。

おとくいさま
放送局:RNB南海放送
放送日時:毎週月曜~木曜 11時45分~12時00分
出演者:藤田ストライク、耳フレンズ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

RKBラジオ

『日産ワイドサタデー 土曜 de R。』(14時からは『土曜 de R。』と題して放送)

RKBラジオでは初のレギュラー番組となる栗田善太郎さんとRKBの新人アナウンサー、冨士原圭希(ふじはら・たまき)さんによる47歳差コンビが誕生。番組を聴いていると、冨士原さんに(良い意味で)ツッコミどころが多いことがわかります。

冨士原さんの趣味は『男はつらいよ』鑑賞、仏像研究。TBSの安住紳一郎アナ、MBSの福島暢啓アナを尊敬しており、“アナウンサーを尊敬しているアナウンサー”です。『土曜 de R。』では栗田さんが冨士原さんの魅力を浮き彫りにしてイジります。

ちなみに夜の番組『カリメン』(21時~放送)の金曜日は、冨士原さんがひとりでおしゃべり。10代向けの番組ですが、冨士原節全開です。冨士原さんの魅力をキャッチした旧10代リスナーも耳を傾けています。『カリメン』と『土曜 de R。』をセットで聴くとより楽しめます。

日産ワイドサタデー 土曜 de R。
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週土曜 13時00分~17時00分
出演者:栗田善太郎、冨士原圭希
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

Twitterハッシュタグは「#rkbder」

※放送情報は変更となる場合があります。

KBCラジオ

『ハザマデス』

朝のワイド番組『川上政行 朝からしゃべり好き!』担当の川上政行さん、昼のワイド番組『PAO〜N』担当の沢田幸二さんによるKBCラジオの二大巨塔が合体! お互いが還暦を超えているとは思えないほどのハイパワーで毎日35分間、生放送で喋っています。

二人は同じ年にKBC九州朝日放送を受験したという仲で、その後は宮崎、福岡の放送局を経てフリーになった川上さんとKBC一筋の沢田さん。運命のいたずらなのか、出会ってから40年で番組の共演が決まりました。

仲が良いのか悪いのか分からないようなスレスレのトークはまさにプロ! ラジコプレミアムで聴いている人も多く、福岡以外のリスナーのメッセージも届いています。昼休みのお供に!

ハザマデス
放送局:KBCラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 12時00分~12時35分
出演者:川上政行、沢田幸二
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

『マツシタユイチューブ』

KBCの新人アナウンサー・松下由依さんがYouTubeチャンネルを独自に開設し、ラジオ放送とYouTubeチャンネル、2つで1つの番組を目指します。奥田智子アナウンサー曰く、「梅干しと塩辛をあてに毎日晩酌。カラオケの十八番は『プレイバックパート2』。洋服は実家近くの古着屋を漁るという昭和的ド根性ガエル」(KBC公式サイトのアナウンサー紹介欄より)。

書道の腕前は超一流。感心するところから変わっているところまで引っかかりどころが多く、KBCの方に松下さんについてお訊きすると、大抵「松下は本当に面白い!」という答えが返ってきます。そんな松下さんは、最近白髪を見つけてしまって、バッグにくくりつけているとか。ぜひ、ラジオとYouTubeの両方に触れてみてください。

マツシタユイチューブ
放送局:KBCラジオ
放送日時:毎週水曜 24時35分~25時00分
出演者:松下由依
番組ホームページ
公式Youtube

※放送情報は変更となる場合があります。

cross fm

『アシタノオト』

“音楽のチカラで、ココロを充電“をコンセプトに、音楽情報満載でお届けするリクエスト番組です。リスナーのみなさんでプレイリストを作っていきます。

CROSS FMでもおなじみ、いつも明るく元気な小坂真琴さんがナビゲーターを務め、DHC渋谷スタジオから生放送でお届けします。ただし収録放送の日もあり、先日は”熟成リクエスト“と題して、これまでに紹介できなかったリクエストに応えていました。

オンエアされる曲のジャンルや年代が幅広いのも特徴で、この曲はFMではかからないのではないか……と思うような曲もかかるかもしれません。

アシタノオト
放送局:cross fm
放送日時:毎週月曜~木曜 20時00分~21時00分
出演者:小坂真琴
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#アシタノオト」

※放送情報は変更となる場合があります。

RKKラジオ

『糸永・大輔 ラジオやってます』

糸永有希アナウンサー&渡辺大輔さんのバラエティー生ワイド番組。10月に始まったばかりですが、「うまいな〜」と思うコーナーが並びます。「あの時この曲」は、人生の節目での思い出の3曲とそのエピソードを募集しています。「糸永有希の「ヒトゴト」」では、ちょっと“毒”が入っている糸永アナが「だから何なの?」「何がいいたいの?」と思うような“どーでもいいこと”を送ってもらうコーナーです。

「今週のメッセージ供養」は、RKKラジオの番組で読まれなかったメールを再投稿してもらって供養します。「大輔のラテ争論」では過去の人気番組をピックアップし、思い出を語ります。そのほか「八ちゃん堂のクイズ・ムーンリバース」は逆回転した音源を聴いて曲名を当てるクイズ(難問!)、「ちょっとお邪魔の4分間! ものまねHEROSリクエスト」は渡辺大輔さん(糸永さんも)が得意なものまねを披露します。ネタによっては力業(ちからわざ)のこともありますが、意外なネタで糸永さんが喜んでいることも……。

弾けている糸永さんと、おっとりした大輔さんのテンションの違いも特徴の一つです。

糸永・大輔 ラジオやってます
放送局:RKKラジオ
放送日時:毎週土曜 9時00分~11時30分
出演者:糸永有希、渡辺大輔
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#rkkitodai」

※放送情報は変更となる場合があります。

OBSラジオ

『9ヂカラちゃんとしナイト☆』

学校の休み時間に先生と学生が雑談しているイメージで放送しています。中でも注目は、村津孝仁アナウンサー。夕方のテレビのニュースでは真面目な表情で出ていますが、2時間後に放送されるこちらの番組ではまるで別人です。学生パーソナリティーのたかみー(高見奈央さん)を相手に良い感じで壊れています。

そのほかの出演者は、平山沙絵アナウンサー、双子バンドのEARL GREY(生歌が絶品)、木本涼介さん、高村天音さん、猪野友梨佳さん。金曜には『9ヂカラ”ちょこっと”ちゃんとしナイト☆』(21時30分〜22時)を放送しています。

9ヂカラちゃんとしナイト☆
放送局:OBSラジオ
放送日時:毎週火曜~木曜 21時00分~22時00分
出演者:村津孝仁、平山沙絵、木本涼介、猪野友梨佳
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#9ヂナイ」

※放送情報は変更となる場合があります。

宮崎放送

『映画とか音楽とかについて割とガチで考えてみた』

最先端の文化に触れながら、人種・宗教問題やジェンダーに関する議論など、さまざまなイシュー(論点・課題)について割とガチに(真剣に)考えていく番組です。

パーソナリティーは重留一実さんと、とんこつたろうさん。重留さんは元EXPG宮崎校特待生で、EXILEやAIなどの有名アーティストのバックダンサーをしていました。とんこつさんは地元福岡の出版社でインターンとして映画広報の経験を積み、映画のパンフレットも作っているほか、年間300本の映画に触れています。「正しい情報を伝えるためにリサーチが大変」と語るとんこつさんの話は分かりやすくて、見過ごしてしまいそうな問題について考えるきっかけを作ってくれます。

映画とか音楽とかについて割とガチで考えてみた
放送局:MRT宮崎放送
放送日時:毎週火曜 18時15分~18時45分
出演者:とんこつたろう、重留一実
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

MBCラジオ

『MBCミュージックアプリ』

ダウンロードするとラジオ、テレビと鹿児島の生活が一層楽しくなる「MBCアプリ」を活用した番組です。アプリのアンケートに届いたリクエストをもとに音楽を紹介します。

パーソナリティーは特技がクラシックバレエの玉谷愛アナウンサーが担当。音楽の話をしたり、リスナーから届いたメッセージを紹介したりする時の声もとても楽しそうです。玉谷アナは『平和の花束』(木曜 12時55分〜13時)も担当しており、子どもたちの平和への想いやメッセージを届けます。

チャレンジ企画を連発している『若手だけで番組作るってよ』(金曜 23時頃・『ミュージックエクスプレス』内で放送)もぜひ。

MBCミュージックアプリ
放送局:MBCラジオ
放送日時:毎週日曜 18時30分~19時00分
出演者:玉谷愛
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#MBCミュージックアプリ」

※放送情報は変更となる場合があります。

μFM

『Cheers!! Kagoshima’s Only Native English Show〜』

ラスベガス出身、2009年から鹿児島に住んでいるミッチさんと英語特訓中のユキさんが、ゲストを迎えて英語を気軽に楽しみながら送る番組です。「Cheers!!」は①「乾杯」をしながら楽しむ英語でのおしゃべり、②英語を学びたい、楽しみたいあなたを「応援」、③ラジオ・英語を通してあなたが繋がってくれることへの「感謝」を意味しているそうです。

もちろん、オール英語……というわけではないので、英語を勉強したいけど全て英語だと全く分からない……という人にもおすすめ。例えば、「流行語のひとつ『〜しか勝たん』は英語でなんと言う?」といった身近な話題も取り上げます。

Cheers!!~kagoshima‘s Only Native English Show~
放送局:μFM
放送日時:毎週日曜 22時00分~22時55分
出演者:ミッチ、ユキ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#cheers」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジオ沖縄

『華華天国』

ラジオ沖縄の人気アナウンサーの一人で、ラジオを通じてリスナーに気さくに話しかける竹中知華さん(月・水・木曜)と、2019年、ラジオ沖縄に“惑星”のように現れ、豪快に笑って人々の心を明るくしているアコーディオン奏者の山原麗華さん(火・金曜)がタッグを組んでお届けしています。

「花畑に色とりどりの花を咲かせよう!」をコンセプトに、竹中さんと山原さんが“花畑のお世話係”となって、リスナーからのメール(種)に水やりをします。テーマ投稿のほかに「ボッチですけど何か?」や「一言、教えて?!」、「モテヨーパー」、「あいつのバカヤロー」などのコーナーもあり、面白い内容の投稿が多い番組の一つです。

二人は赤い糸で結ばれていたのではないかと思うほど、出会ってすぐに仲良くなり「H2O華華」というコンビを組んで『赤い山脈』という曲も作りました。「H2O華華」をCDデビューさせるクラウドファンディングのプロジェクトを開始したところ、見事に目標金額を達成。オリジナルCDと衣装が完成してコロナ禍が落ち着いたら、福祉施設や温泉施設など巡るキャンペーンツアーを企画しています。

華華天国
放送局:ラジオ沖縄
放送日時:毎週月曜~金曜 14時30分~16時30分
出演者:竹中知華(月・水・木曜)、山原麗華(火曜)
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#華天864」

※放送情報は変更となる場合があります。

『しんちゃん ヒロちゃん ごきげんラジオ』

沖縄のお笑いコンビ・リップサービスの金城晋也さんと、ラジオパーソナリティでライターのナガハマヒロキさんの番組です。元々は2020年7月にYouTubeでスタートしたラジオ番組が地上波に登場。YouTubeを始めた頃はカラオケボックスで収録していたそうです。

非常に味のある雰囲気のコンビで、のんびりした口調のナガハマさんと、さらにのんびりした口調の金城さん。二人とも目の付けどころが面白く、トークのネタのチョイスが秀逸。聴いて笑っているうちに細かい事がどうでもよく思えてきます。

「広報ごきげん!」のコーナーではリスナー市町村が発行する広報誌の中から、ユニークな話題を紹介します。ほかの地域の人にとって関係のない話であればあるほど面白いです。YouTubeチャンネルもぜひ登録してみてください。

しんちゃんヒロちゃんごきげんラジオ
放送局:ラジオ沖縄
放送日時:毎週月曜 21時00分~21時30分
出演者:金城晋也(リップサービス)、ナガハマヒロキ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#ごきげんラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

『あきらキラキラ金曜日』

なんと、ラジオ沖縄の前社長で現在は取締役相談役の森田明さんがパーソナリティーを務める音楽番組がスタート。入社40年、アナウンサー経験があるわけではなく、しかも生放送でお届けするこの番組は、森田さんの落ち着いた口調で70〜80年代の洋邦の音楽を紹介します。

あきらキラキラ金曜日
放送局:ラジオ沖縄
放送日時:毎週金曜 20時00分~22時00分
出演者:森田明

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

民事裁判IT化 何が変わるの?

TBSラジオ『森本毅郎・スタンバイ!』毎週月曜日~金曜日 朝6時30分から放送中!(5月25日(水)放送分)

7時30分過ぎからは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」

先週水曜日、民事訴訟法と言う法律の改正案が、国会で可決・成立しました。2025年までに民事裁判を完全IT化するということですが、ではこれで何が変わるのか?

民事裁判IT化!?

詳しいお話しを、この件に詳しい、札幌学院大学准教授でもある加藤正佳弁護士に伺いました。

今まで紙で裁判所に書類を提出していたものを、インターネットで提出できるようにすると。裁判所の法廷に、例えば自宅のインターネット、法律事務所のインターネットを通じて参加をすると。そういったことですとか、裁判の記録に関しても紙で管理するのではなくて、電子データで管理できるようにすると、そういった内容が含まれる改正法が成立したと。
(札幌学院大学准教授でもある加藤正佳弁護士)

今回の民事裁判のIT化は、大きく分けて、今お話があった3つ。

文書を提出する際、紙ではなく電子データを活用。
裁判官以外は、法廷に出向かずウェブ会議などを通じて裁判に参加可能。
裁判の記録も紙ではなく電子データにより管理。
メリットの一つとしては審議の時間が短くなること。海外から見ると、日本の民事訴訟は判決が出るまで時間がかかり過ぎるとして、海外企業が日本での取引を嫌うケースもあるそうで、そういう点は、改善される可能性がある。

また、もう一つのメリットとしては、裁判自体が利用しやすくなること。特に遠方の裁判所に出向かなくてはいけない場合には、当事者や弁護士含め、時間や費用的負担が大きかったものが、軽減される見込み。

さまざまメリットがありそうですが、特に離婚調停のケースでは、メリットが感じられているようです。

離婚調停におけるメリット

離婚調停などに詳しいフェリーチェ法律事務所の後藤千絵弁護士のお話しです。

今まで離婚調停では、電話会議というシステムも導入されていたんですが、最終的な離婚の意思確認だけは、本人が裁判所に出廷して対面で行う必要がありました。離婚事案というのは、感情的な対立が激しいですし、DV事件というのもあります。相手方が裁判所にいるだけでも過呼吸やパニックになる方もいらっしゃいますし、相手がDV加害者だと現実的に危険もあります。ただ、オンライン化によって裁判所に出廷しなくてもよくなることによって、当事者の安全確保が図れますし、当事者の方の不安の解消も図れます。それが一番のメリットだと思います。
(フェリーチェ法律事務所の後藤千絵弁護士)

離婚というのはご本人の戸籍・立場を変える重大な決定なので、最終的な真意の確認は慎重にすべきという理由から、本人が出廷する必要があったのですが、今回は離婚の意思確認もウェブですることが可能になった。

ドメスティックバイオレンスやモラハラなどが原因の離婚調停の場合は特に危険で、実際に、2019年には、東京家庭裁判所の玄関前で、離婚調停中の妻が、夫に待ち伏せされて刺殺されたという事件もあったそう。

民事裁判のIT化により、直接顔を合わせずに裁判を済ませることが出来るのは被害者にとっては精神的にも安全面においてもかなり大きなメリットになりそう。

ここまで聞くと今回の民事裁判のIT化はメリットが大きいと感じますが、何かデメリットはないのか、再び加藤弁護士に伺いました。

デメリットは?

裁判官と画面でしか会うことができないということになった時に、その画面上にいる裁判官が書いた判決、あるいは画面上にいる裁判官が話しかけていることっていうものに対して、ご本人の方が納得できるのか、満足できるのかっていうところはあるかもしれないですよね。我々、今までの裁判のやりとりっていうのは、裁判所に実際に行って、言葉だけじゃなく、表情だとか、声の色みたいなようなものだとか、感じ取りながら、今、この裁判官はこんなこと考えてるんじゃないかっていうことを考えたりするっていうところがあります。やはりそういった、なんていうか、現場の空気感だとか、そういったものっていうのは、ウェブではなかなか伝わりにくいところがあるので、それが今後、裁判の中でどうなっていくのかなっていうところは、私も注目しているところです。
(札幌学院大学准教授でもある加藤正佳弁護士)

大きな課題がウェブ会議。実際法廷に立たれてきた弁護士さんの意見としては、現場で実際に顔を合わせないと分からない表情や声、現場の空気感なども非常に大切な要素であり、それがウェブ上でわからなくなっても大丈夫なのか?

また、判決を受ける側も、人間味のない画面上の登場人物からの言葉が、胸に響くのかどうか、など、デジタルならではの悩みもあるそうです。

その他、電子データで全て管理となると、データの改ざんや本人のなりすましなども起こる可能性があるので、そのあたりのセキュリティ対策も必須と指摘していました。

Facebook

ページトップへ