眠れない夜の過ごし方どうしてる?眠りにつくためにできること&おすすめのラジオ番組紹介

心地よい眠りにつくために気をつけたい生活習慣や、心と体をゆるめる「眠れない夜の過ごし方」について解説します。眠れない夜に聴いてほしい、おすすめのラジオ番組もご紹介。

夜に眠れない原因とは

人によって眠れない理由はさまざまですが、精神の状態や生活習慣が関連していると言われており、主に考えられている原因は下記の5つです。

①体と心が緊張している状態にある

大事な試験や仕事で重要な会議がある前日の夜、辛い出来事があった時など、緊張していたり不安やプレッシャー、ストレスを感じたりしている際は、脳が興奮しているため眠れなくなります。また、慢性的な肩こりなど体に不調がある場合にも、筋肉が緊張し続けることで自律神経が乱れてしまうため、眠りにつきにくくなります。

②生活リズムが乱れている

日勤と夜勤を繰り返す交代制の勤務であったり、夜更かしが多かったりと、生活リズムが乱れている場合にも眠れないことが多くなると言われています。原因は“睡眠ホルモン”と呼ばれるメラトニンの分泌が乱れてしまうからです。メラトニンは光によって調節されるため、通常であれば朝起きた時に太陽の光を浴びることでリセットされ、14~16時間後に再度分泌されます。しかし夜に活動して光を浴びると、メラトニンの分泌が乱れてしまい、眠気を感じにくくなってしまうのです。

③カフェインを摂取しすぎている

コーヒーや紅茶、日本茶、チョコレートなど、カフェインを含んでいるものを摂取すると、睡眠中枢を活性化する物質・アデノシンがブロックされるので、目が覚めてしまいます。また、カフェインには利尿作用もあります。もし眠れたとしても、尿意を感じ途中で目が覚めてしまう原因になります。

④睡眠環境が整っていない

明るい、寒い、暑いなど……寝室の環境が整っていないと、快適な睡眠は実現しません。枕やマット、布団といった寝具類や寝間着が体に合っていない場合にも眠れなくなります。

⑤寝る前にブルーライトを浴びている

スマートフォンやパソコン、照明、ゲーム機などから発せられるブルーライトを浴び続けていると、強い光でメラトニンの分泌が抑えられてしまいます。また、SNSやチャットを通して友人らとコミュニケーションを取ることで脳が覚醒し、眠りにつけなくなってしまう可能性があります。

夜眠れない時の対処法

気持ちよく眠るためには、いくつかのポイントがあります。ここからは、快適な睡眠を実現する習慣を紹介していきます。

考え事をしなくてすむように読書などをする

心配なことがあり考えがまとまらない時には、寝る前の読書がぴったり。本の内容に集中出来るので、他のことを忘れられます。加えて読書にはストレス軽減効果があると言われているので、気持ちを落ち着かせることもできるでしょう。

とはいえ、本に夢中になり目が覚めてしまう可能性もあるので、続きが気になる小説やホラー、ミステリーなど、気持ちが高ぶるものは避けましょう。また「布団やベットに入る=寝る」と体に覚えさせると、スムーズに眠ることが出来るので、本を読む際は布団やベットではなく、ソファーなどで読むようにするのもポイントです。

寝る直前の激しい運動は避ける

寝る前のストレッチや軽い運動は、心身の緊張をほぐしてくれるので、眠りにつきやすくなる効果があります。しかし、息が上がってしまうようなトレーニングは脳を活性化してしまうので、就寝前の激しい運動は避けましょう。

運動する時間を夜にしか確保できない場合は、就寝の3時間ほど前に行うのがおすすめです。 厚生労働省の発表では就寝の2~3時間に入浴することがいいとされているので、運動の後にお風呂に入るのであれば、時間を逆算して調整しましょう。

早起きする

睡眠不足が続くのは良くないため必ずとは言えないものの、眠るのが深夜になった場合でも、起床時間を遅らせることは避けましょう。起床時間と睡眠時間が後ろにずれてしまうと、眠れない負のループにハマってしまいます。規則正しい生活リズムを身につけるためにも、まずは早起きの習慣を身につけることが大切です。

朝日を浴びる

先述の通り、メラトニンは光によってリセットされます。朝に目覚めてから朝日を浴びることでメラトニンがリセットされ、夜になると自然と眠気を感じられるようになります。目が覚めたあとは、まずカーテンやドアを開いて、朝日を浴びることを習慣化させましょう。

夕食後、就寝前にはノンカフェインの温かい飲み物を飲む

就寝前にはノンカフェインの温かい飲み物を飲むのがおすすめ。体が温まると血流が良くなり副交感神経を高められるので、眠りにつきやすくなります。消化促進や血糖値の上昇を抑えるため食後にコーヒーを飲む習慣がある場合、夕食後はカフェインレスのものに変更しましょう。

リラックスできる睡眠環境を作る

寝室のインテリアや布団、ベットのサイズと素材も重要です。人それぞれに適したものが異なるので、寝具専門店で相談してみるのが良さそうです。

また、照明は好みの明るさに調節できるものがおすすめ。室温は13~29℃、湿度は50%前後がいいと言われていますが、エアコンの性能や使っている寝具によって適温が異なるため、自分が快適だと思える温度に調整しましょう。

寝る直前はスマートフォンやテレビを見ない

スマートフォンやテレビなど、ブルーライトを発しているものは、眠る前には触らないようにしましょう。近くにあると無意識に見てしまうという場合は、寝室には上記のようなものを持ち込まないことをルール化したり、布団やベットから離れた場所に置くようにしたりするのがおすすめです。

眠れない夜におすすめの過ごし方

「色々と試したけれど、やっぱり眠れない……」といった時は無理に寝ようとせず、お気に入りの漫画や本を読んだり、好みの香りを嗅いだりして気持ちを落ち着かせましょう。筋肉が緊張してしまっている時には、ストレッチやヨガで体をほぐすのも効果的。

真っ暗な部屋だと不安になり眠れないといった場合は、暖色系の照明を使ってほんのり光を感じられる程度の明るさにしましょう。また、好きな音楽やラジオを聴きながら、ゆったり過ごすのもおすすめです。

眠れない夜におすすめのラジオ番組

HBCラジオ『snack SCRAMBLE』

番組をスナックに見立ててお届け。北海道在住のゲストや出演者陣とメインパーソナリティ・しー坊さんが、ライフスタイルや音楽、北海道への想いを語ります。

出演者たちがドリンクを飲みながらトークを繰り広げるスタイルが特徴で、グラスの中の氷が動くカランとした音も時折聴こえてきます。まるで本当にスナックにきているかのような感覚を味わわせてくれるのが魅力。リラックスしながら聴けるので、眠れない夜にもぴったりの番組です。

snack SCRAMBLE
放送局:HBCラジオ
放送日時:毎週火曜~金曜 23時00分~23時55分
出演者:(火~金)しー坊、(火曜)伊藤翔太、(水曜)Rio、(木曜)五十嵐慎一郎、(金曜)成田智哉

Twitterハッシュタグは「#スナスク」

※放送情報は変更となる場合があります。

bayfm78『ホントのハナシ』

TRUE名義でアニメシンガーとしても活躍している作詞家・唐沢美帆さんがパーソナリティを務めています。番組名にもある通り、唐沢さんの本音が聴ける番組で、つるりす(リスナーの呼称)のメールを元にトークをしたり、ゲストを招いて作品やプライベートについて語ったりしています。

ホントのハナシ
放送局:bayfm78
放送日時:毎週金曜 25時00分~25時30分
出演者:TRUE
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#つるらじ」

※放送情報は変更となる場合があります。

α-STATION FM京都『α-MIDNIGHT JAZZ』

パーソナリティはおらず、ひたすらジャズが流れる番組です。リラックスタイムに聴く音楽として楽しむのはもちろん、読書をしている時のBGMとしてもぴったり。アップテンポなものからスローなものまで、さまざまな楽曲を聴くことができるので、ジャズを勉強したい人や音楽好きな人にもおすすめの番組です。

α-MIDNIGHT JAZZ
放送局:α-STATION FM KYOTO
放送日時:毎週月曜~土曜 25時00分~26時00分

Twitterハッシュタグは「#αSTATION」

※放送情報は変更となる場合があります。

RCCラジオ『かが屋の鶴の間』

かが屋にとって初となる冠番組です。加賀さんの趣味が自由律俳句であることから、リスナーからも俳句を募集。番組冒頭では、リスナーから届いた俳句を原案にしたミニコントを披露しています

放送時間が30分と比較的短いので、聴きやすいのもポイント。不安なことやモヤモヤした気持ちを抱えて眠れない時に聴いて、笑って、ストレス発散するのもおすすめです。2022年2月19日(土)には番組イベント「RCCラジオ『かが屋の鶴の間』プレゼンツ“こっちも鶴の間”」の開催が決定しました。

かが屋の鶴の間
放送局:RCCラジオ
放送日時:毎週金曜 23時30分~24時00分
出演者:かが屋
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#かが屋の鶴の間」

※放送情報は変更となる場合があります。

JFN系列『COAST TO COAST』

洋楽オンリーでお届けしている音楽プログラム。新作を中心としているので、新たな音楽との出合いも提供してくれます。

番組中盤に放送されるコーナー「クローズアップ」では、世界で注目されている音楽について教えてくれたり、グルメを取り上げておすすめのレシピを紹介してくれたりもします。ちょっとした豆知識を蓄えられるので、友人や家族との会話のネタにもなります。

COAST TO COAST
放送局:FM岩手
放送日時:毎週土曜 12時00分~12時55分
出演者:假野剛彦
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

寝る前に聴きたい!気持ちよく眠れるラジオ番組

上記以外にも、寝る前におすすめのラジオ番組をこちらで紹介しています。

記事はこちらからチェック!

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

青木愛 “お金をいくら積まれても現役当時には戻りたくない”発言の深意とは?

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」(毎週土曜 7:00~7:25)。11月26日(土)の放送は、元アーティスティックスイミング日本代表の青木愛(あおき・あい)さんをゲストに迎え、お届けしました。


青木愛さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆「幾ら積まれても、(現役当時に)戻りたくない」発言の深意とは?

丸山:まずは簡単に、青木さんのプロフィール紹介を。8歳のときに当時やっていた水泳からシンクロナイズドスイミング(現名称:アーティスティックスイミング)に転向し、小学4年のときにジュニア五輪で優勝。2006年ワールドカップに出場し、チーム種目で銀メダルを獲得。2008年北京オリンピックでは、日本代表にチーム最年少で選出され、5位入賞。同大会を最後に現役引退し、現在はアーティスティックスイミングの指導とともに、モデル、タレント、リポーターなど幅広く活躍されています。水泳を始めて、シンクロに転向しようと思ったきっかけは?

青木:私は京都出身で、自分の家から一番近いスイミングスクールにベビースイミングがあったので、母が親子の健康のためにと0歳10ヵ月からベビースイミングに入れて。そのスイミングスクールが、たまたま京都で唯一シンクロコースのあるスクールだったんですよ。

丸山:もしそのスクールになかったらやっていなかったかもしれない?

青木:そうですね。違うところに住んでいて、近所のスイミングスクールに行っていたらシンクロコースがないからやっていないと思います。ずっと水泳を続けていたんですけど、幼稚園ぐらいのときに奥野史子(おくの・ふみこ)さんがそのスイミングスクールの出身でよく練習に来られていたんです。それを母と見て「あの人、すごい選手なんやで」って聞いて、奥野さんの泳ぎを見て“めっちゃ、綺麗やなぁ”って思って。あと、シンクロコースに通っているお姉さんたちが、よく一緒に遊んでくてすごくやさしかったので。

丸山:なるほど。それでシンクロコースに転向したと。0歳の記憶にない頃からやっていたら、水泳が好きも嫌いもなく、日常にあったということですよね。

青木:そうですね。だから、水が怖いと思ったこともなかったですし、水のなかにいるのが当たり前みたいな感じでした。

丸山:青木さんは身長が高いですから、小中学生ぐらいのときに、例えばバレーボールやバスケットボールなど、ほかの競技をやりたいと思ったことはなかったですか?

青木:まったくなかったです。シンクロの練習が厳しすぎて、正直嫌になったことはありますけど、かといってほかの競技をやりたいというのはまったくなくて。

丸山:へぇ~、そうなんだ。

青木:体育の授業でいろいろな競技をやるじゃないですか。それは楽しかったですけど、やっぱりシンクロが好きだったんだと思います。

丸山:途中でやめたくないという思いがあるなか、「(現役)当時に絶対戻りたくない」というコメントがあったようですけど、相当練習が厳しかったんですか?

青木:例えば、高校生のときって、部活動が厳しいとかあるじゃないですか。私は高校時代にクラブチームでやっていたんですけど、テレビ番組のトークテーマで「(お金を)幾ら積まれたら、当時に戻る?」と聞かれて、「幾ら積まれても、戻りたくない」って言ったんです。

丸山:なるほど。

青木:やっぱりそのときにやり切っているし、(練習は)つらいから。例えば、お金をいただいて、ただ高校生に戻って違うことをしてみるのならわかるんですけど、またあの当時の生活をとなると「やるかいっ!」って(笑)。

丸山:「やるかいっ!」ってね(笑)。

青木:今、普通に生活できているから、「別に何十億積まれても、絶対に(シンクロは)やらん!」みたいな。

丸山:中学のときに、“鬼コーチ”と言われる井村雅代さんと会ったことも大きな起点になったと思うんですけど、当時かなり厳しかったから「何十億積まれても、絶対に戻らない」と(笑)。それは話しづらいですよね(笑)?

青木:中学2年生のときに井村シンクロクラブ(現:井村アーティスティックスイミングクラブ)に移籍したんですけど、当時、井村先生は日本代表監督をされていたので、井村シンクロクラブでチームを見る担当を持っていなかったんです。もちろん何度も教えてもらったことはあったんですけど、変な話、神様みたいな存在なんですよね。だから今でも怖いです(苦笑)。

◆アーティスティックスイミングの魅力とは?

丸山:オリンピックに出場したいという思いはいつ頃から芽生えたんですか?

青木:シンクロを始めたときから“オリンピックに出る”と思っていました。

丸山:かっこいい~!

青木:奥野史子さんを見て“シンクロをやりたい”と思ったのと、奥野さんがオリンピック選手だったのもあって、競技を始めたときは“(オリンピックに)出れるもんや”と思っていたんですよね(笑)。でも、高校生になってジュニアの日本代表に入るなどしていくにつれて、オリンピックの重みを直に感じるようになって……始めた当初の“オリンピックに出る”というときからは変わりましたね。

丸山:なるほど。

青木:しかも“オリンピックに出る”イコール、いつからか“メダルを獲って当たり前”というのがついてくる。シンクロは「日本のお家芸」と言われていましたから。私たちの代でメダルは逃してしまいましたけど、歴代の先輩方はずっとメダルを獲ってきていたので。始めた当初からは(オリンピックに対する)感じ方が変わりましたね。

丸山:そうですよね。あらためて、アーティスティックスイミングの魅力とは?

青木:わかんないです(笑)。とりあえず、やっていて楽しいんですよ。めっちゃ怒られるし、しんどいし、練習はめっちゃ嫌いでしたけど、何かはわからないけどやっぱり大好きで。8人で息を合わせて、4分間完璧に泳ぎ切れたときの気持ち良さは、ほかには代えがたいものがありますね。

あと、シンクロのコーチって大体厳しくて、やさしいコーチって基本いないんですよ。そんなコーチが4分間泳ぎ切ってその演技が良かったときに褒めてくれるのがすごくうれしい。

丸山:そっかぁ~。

青木:メダルを獲るよりもうれしいですね。

次回12月3日(土)の放送も、引き続き青木さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年12月4日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ