堀江謙一さんのおかげで「私みたいな者まで太平洋横断しちゃう」 辛坊治郎が感服するそのスピリット

キャスターの辛坊治郎氏が11月25日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。太平洋横断に再び挑戦することを発表した海洋冒険家の堀江謙一さんの「精神力」について語った。

海洋冒険家でヨットマンの堀江謙一さんが会見し、ヨットで「単独無寄港太平洋横断」に出発することを発表した。「サントリーマーメイド3号」の模型を前に成功を誓う堀江謙一さん =2021年11月24日午後、東京都港区 ©産経新聞社

世界で初めてヨットによる単独太平洋横断に成功した海洋冒険家の堀江謙一さんが、昨日11月24日無寄港での太平洋横断に再び挑戦することを発表した。来年3月にサンフランシスコを出発し、およそ3か月かけて兵庫県の西宮市を目指すということだ。成功すれば世界最高齢での単独無寄港太平洋横断となる。

辛坊)いちばん最初の堀江さんの(単独無寄港太平洋横断に成功した)「マーメイド号」はベニヤですからね。耐水ベニヤという水に強いベニヤがあるんですが、その耐水ベニヤでつくられたヨットで、『太平洋ひとりぼっち』という堀江さんの本を読むと出てくるんですけども、どんどん浸水してくるのです。そんなにいい加減につくってたわけじゃないと思いますけど、いまみたいな造船技術がある訳じゃないんで。ベニヤはり合わせたような船ですから、太平洋の真ん中ら辺でどんどん浸水してくるんだけど、それ全部洗面器で掻きだしながらアメリカまで行ってるんですよ。

でね、その『太平洋ひとりぼっち』を読んでもっとありえないと思ったのは、当時ペットボトルなんてないんですね。そのベニヤでつくった船には水タンクなんかもなかったんだと思います。だからどうやって水を持って行ったかというと、当時ビニール袋はあったんですよ。今でいうポリ袋、そのビニール袋に水道水詰めて持って行ったんですよ。ところがですね、太平洋の真ん中ぐらいで、全部の水のなかにもやもやしたものが生え始めたと。水が腐ってきたんですね。それでどうしたかというと、堀江さんは全部捨てるんですよ。ありえないでしょ。太平洋の真ん中で飲み水捨てちゃうって。私だったらもやもやしてても沸かせば飲めるかなってとりあえず置いておきますけどね、堀江さんは捨てたんですよ。その捨てた理由は何かっていうと、「ビール積んでるからいいか、液体あるし」と。「そのうち雨も降るだろう」みたいなね。

飯田浩司アナウンサー)すごいなぁ。

増山)なんか余裕。

辛坊)なんか、この人おかしいっすよ。

飯田)そのメンタルの部分というのは大きいんですかね。動じないというかね。

辛坊)いや、普通じゃないでしょうね。堀江さんが太平洋横断をヨットでしたから、そのあとは「小型ヨットで太平洋って渡れるんだ」ってみんな知ったわけですよ。だからそのあとに続く人もどんどん出てきて、私みたいな者まで太平洋横断しちゃう時代になってますけども。だけど1番最初に渡った人はね……初めてナマコ食った人とか、初めてシャコ食った人とか、初めてフグ食った人とか、まあ最初にフグ食った人は何人か死んでますけど、そういう先人の、いろんな成し遂げたことがあって我々の日常生活が支えられているわけで、私はやはり堀江謙一さんもやったことって最初にナマコ食った人に匹敵すると思うんだよね。

飯田)そしてまた挑戦しようというね。このスピリッツ。

辛坊)でもまあ83歳、この記者会見の動画を見る限りは体の各部が動いてますから。で、この新しい「サントリーマーメイド3号」もね、イラストで見る限り変わった形したヨットだなっていうのが正直ですね。我々のイメージで言いますとドッグハウスって言うんですけども、船の真ん中辺に人間の居住区域があるんですが、この堀江さんが乗る船の居住区域がですね、幅がやたら狭いんですよ。で、窓が意外と大きいんで、これはいわゆるドッグハウスではなくて、コックピットの上に覆いをつけるドジャーって言うんですが、ハードドジャーなのかコックピットなのか、それともメインキャビンなのかがこのイラストで見る限りよくわからないんですが、正直変わった船だなっていうのが印象ですね。どっかでいっぺん乗せてもらえないかなとね、ちょっと今画策をしてて。

増山さやかアナウンサー)やっぱりそういう興味をお持ちになるんですね、辛坊さんは。

辛坊)帰ってきたら乗せてもらお。行く前に乗るとちょっとアレなんでね。

radikoのタイムフリーを聴く

★今日の運勢★2021年12月4日(土)12星座占いランキング第1位は射手座(いて座)! あなたの星座は何位…!?

今日の占い「12星座ランキング」を発表! ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする、毎日運勢占い「12星座別ランキング&ワンポイントアドバイス」。2021年(令和3年)12月4日(土)のあなたの運勢を、東京・池袋占い館セレーネ代表・占い師の水森太陽(みずもり・たいよう)さんが占います。今日の第1位は射手座(いて座)! あなたの星座は何位……?


【1位】いて座
今日は思考の整理をすると◎ 来年はどんな年にしたいかを考えてみると良いでしょう。いろいろイメージすれば、ますますやる気も出てくるようです。恋愛では、自分らしさを大切に。

【2位】しし座
充実した日になりそう。家族や友人と遊んだりするのも良いでしょう。楽しく過ごしていると、創作意欲が湧いてくるかも。手料理を振る舞ってみるのも◎ 写真に収めて記録に残しておきましょう。

【3位】おひつじ座
スケジュールを調整したり、趣味などの整理をすると気持ちがスッキリするでしょう。やりたいことがたくさんあるようなので、それらに優先順位をつけるのも◎

【4位】みずがめ座
交友関係が広がるとき。恋人募集中の人は、恋愛につながる出会いがあるかも。緊張しないことが大事です。自分の好きなアイテムを身に着けると◎ 自然に接していれば、相手にあなたの良い面が伝わるようです。

【5位】ふたご座
大切な人としっかり向き合うと◎ 堅苦しい雰囲気にならないように、相手が好きなものを用意したり、2人がくつろげるような工夫をすると良いかも。将来に向けて共通の目標ができれば絆も強まりそう。

【6位】やぎ座
心の思うままに行動すると運気アップ。賑やかな場所よりは、“自然がある場所”に行くと気持ちが落ち着くかも。夜空を見ながら今までの出来事を振り返ったり、これからのことを考えると◎

【7位】さそり座
お金や健康面など、身の回りのことを整理すると◎ 旬の野菜を使ったバランスの良い食事をとれば、運気アップにもつながるようです。

【8位】うお座
忙しい日になりそうですが、周囲からのサポートもあり、無事に終えることができそう。休憩時間などに、おいしいお茶を飲みながら会話をするのも良いでしょう。うまく気分転換することを心掛けて。

【9位】おとめ座
やるべきことがあっても、心と体はゆっくりしたいようです。こういうときに頑張りすぎると、かえってイライラしてしまいそうなので、適度に力を抜くことが大切かも。

【10位】てんびん座
何もしないと、あっという間に時間が過ぎてしまうかも。切磋琢磨できる相手のことを考えると、重い腰が上がりそう。運動など、習慣にできることを考えてみましょう。

【11位】かに座
今日は直感を頼りにすると◎ また、無理をするのは控えたほうが良いときでもあります。おいしいものを食べたり、お昼寝などをして英気を養いましょう。好きな人と会話をするのもアリ。

【12位】おうし座
あれこれ悩んでいる人は、いったん考えることをストップしましょう。カラッとした明るい人と接したり、リフレッシュできるようなことを積極的にしてみて。涙活をするのも◎

【きょうの一言メッセージ】
日本では見られませんが、本日の午後に日食になります。心が妙にざわつくかもしれません。また、自分の心と向き合うのに良いタイミングなので、内省してみても良いかも。

■監修者プロフィール:水森太陽(みずもり・たいよう)
池袋占い館セレーネ代表。10代から占いの研究と実占を重ね、東西の様々な占術を修得しており、毎年2,000人以上の鑑定を行っている。また、さまざまな媒体で活躍するプロ占い師を多数育てている。
Webサイト:https://selene-uranai.com/column/6152.html
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCK70ME4Xy7AXrJWv2CgtulA

Facebook

ページトップへ