財津和夫、ユーミンと小田和正とのコラボ曲は「戦友」との想い出だと振り返る

TULIP・財津和夫が、時には苦手なスマホの操作について自嘲気味に喋る『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回は、リミックスにより初のCD発売となる、ユーミンと小田和正との懐かしのコラボ曲についての想い出もお話しします。

「慣れましょう」と口では言うけれど

カフェに入ったら、スマートフォンで注文してください、と店員から言われたが、操作が苦手なために口頭で注文、みじめな気分だったいうハガキでのお便りを紹介。
「出来ませんね、私も」とすぐに呼応する財津。番組の予告でもお聞かせした通り、基本、メールしかできない、というカミングアウト済みです。
「スマートフォンを使うと便利なはずなのに、結構時間かかる方もいらっしゃいますよね。その後ろにいると結構イライラする。僕、わりと短気なんです」
自分が使えないと公言するだけでなく、操作に不慣れな人の利用まで否定すると、ますます使うチャンスは遠のいちゃいますけど・・・
助け舟のように、店員さんの場合のメリットを下田アナが切り出す。「スマホを使った注文だと、人と会話する機会は格段に減っちゃいますよね、店員さんだったら、どちらが良いかしら、とか今日のおすすめは何ですかと聞いたりとか、どうしようかなぁ、なんて言えるじゃないですか」
「店員さんに甘えたりね。機械には甘えられないもんね。『どうしようかなぁ』とか(機械に)言ったりしたら、周りにちょっと変な人と思われたりして・・・これは、もう(機械に)早く慣れてもらって。でも、お年寄りは、僕も含めて慣れるのが大変なんですよ。だって、昨日覚えても今日ほとんどの事を忘れてますからね」と、えーとあなたは下田さんでしたっけ、ここはRKBですよね、と、自嘲気味にわざとボケる財津爺様。うーん、生活に必要が無ければ、もしくは代替手段があれば、という否定的なにおいがプンプン。どうやら新しいアプリには手を出さない派のようですね。

「戦友」とコラボした曲

今日の一曲は、「今だから」。
今年3月に71歳で亡くなられた坂本龍一氏が編曲を担当したという曲であり、今年6月の放送でも紹介したが、この度発売される、ユーミンこと松任谷由実の50周年記念コラボベストアルバムに収録される事になった。
小田和正・松任谷由実・財津和夫の3人で共同制作した「今だから」は、1985年(昭和60年)シングルレコードとして世に出たが、CD化されるのは今度が初めてという事でも話題になっている。
6月の放送でもコスった繰り返しネタだが、制作過程では財津自身はほとんど加わっていないというエピソードについて、今回の財津の陳述を改めてお聞きください
「3者並列で(小田・松任谷・財津の名前が)書いてあるんですけど、僕はあんまり、ほとんど作業させてもらえなかった。『お前はいいから』と小田さまに言われて。なので、スタジオの端っこでジッと行方を見守ってました」
ユーミンからの声がけで3人が集まったという事については
「声かけて貰って、3人でやる事になった時は、めちゃ嬉しかったですよ。古い言い方だけど、同世代の戦友みたいな気持ち。当時の音楽界は、前時代的な感じだったんで『自分たちがこの業界を新しく変えていくんだ』という意気込みがあったんで。やっぱり、戦友という言い方でよいのかな」

なお、放送でお聴きいただいたのは、38年前に発売されたレコードのオリジナル原曲の方。リミックスされたものが収録されるユーミンのベストアルバムは、11月29日発売予定でしたが、諸般の事情により12月20日に発売日が変更されています。(※発売日変更発表の前に番組を収録しています、あわせてご了承下さい。)

次回11月26日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定です。
外国の訳詞についての、懐かしい話題が出てきます。

グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、下田文代
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

菅井友香、福澤朗から聞いた『開運!なんでも鑑定団』のミステリアスな出来事に驚愕!

5月23日(木)、女優の菅井友香がパーソナリティを務めるラジオ番組「サントリー生ビールpresents『菅井友香の#今日も推しとがんばりき』」(文化放送・毎週木曜日21時30分~22時)が放送。この日はゲストにフリーアナウンサーの福澤朗を迎え、4月23日から菅井も新MCに加わった『開運!なんでも鑑定団』について印象的だったエピソードを福澤に聞いた。

菅井「そんなことがあったんですか!?」-

『開運!なんでも鑑定団』の中で、福澤が印象的だと語ったのは鑑定額が出た後の依頼人の様子だ。喜怒哀楽が濃密に詰まったスタジオで、結果が良い時と悪い時で本当に差が激しく、中には崩れ落ちる依頼人もいるという。特に、「先祖代々受け継がれてきた非常に由緒あるもの」を持ってきた自信満々の依頼人が崩れ去る時は、同じくMCの今田耕司と共に全力でフォローするという。菅井にも、「そういう時は心温まる一言を放っていただけると、その方はもう一生菅井友香さんのファンになると思います」とアドバイスを送った。

また、放送上ではカットされているミステリアスなことも度々起こるという。お宝が南米・ペルーなどの埋葬品の場合、特別なエネルギーがあると語る福澤。そういったお宝を紹介したときには、VTRが止まったり、照明から音がして煙が出たりと、超常現象が起きることがあるという。「そんなことがあったんですか!?」と驚きを隠せない菅井に福澤は「年に1回くらいあります。お宝に宿ってるパワー。そして、そのお宝に対して依頼人さんが持っている尋常ならざるパワーがあるんです」と力説した。

また、福澤は菅井の母が番組の観覧に訪れたことにも言及。菅井に頼んだりせず自分で応募して観覧をしに来たという母に対して、スタッフに言えばすぐに入れてもらえるのに自分で応募してるところが謙虚で素敵だと称賛した。

Facebook

ページトップへ