星野源さんと宮野真守さんのトークをお届け! タイムフリーで聴きたい番組【関東・中部・関西】

6月11日(月)~6月17日(日)に渡って関東、中部、関西の3エリアでお届けしたスペシャルウィーク、皆さんお楽しみいただけましたか?

ラジコでは、各曜日ごとに注目番組をご紹介してきましたが、今回はその中で紹介しきれなかった注目の番組をご紹介。ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』には人気声優・宮野真守さんが登場しました。

聴き逃してしまった方も、もう一度聴きたいという方も、タイムフリー聴取機能を使ってお楽しみくださいね!

▼「タイムフリー聴取機能」の使い方はこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/1120/intro/

TBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』9時~13時

ゲストコーナー「TOKYOよもやま話」にナイツにとって事務所の大先輩である出川哲朗さんが登場。

他では意外と見ることのないこの3人のトークをどうぞお楽しみに!


文化放送『文化放送ホームランナイター SET UP 編集長 稲垣吾郎 スペシャル』18時30分~19時30分

毎週水曜日の21時30分~22時にお送りしているレギュラー番組『編集長稲垣吾郎』のスピンオフ特番。

「役者」としての稲垣さんに焦点を当ててお届けしました。スペシャルゲストには女優・北村岳子さんが登場。


ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』25時~27時

人気声優・宮野真守さんが登場!

普段から親交があるという星野さんと、宮野さんのトークは必聴です。



TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』22時~23時55分

スペシャルウィーク中は「“今、ヤバい人”を呼んでみたWEEK」と題して、豪華なゲストを呼んでお届けしていました。

6月11日(月)は、アジア各国で常に数万人を動員している多国籍ボーイズグループ・GOT7が初来校! 新曲「SHINING ON YOU」を初フルOAしました。



J-WAVE『JAM THE WORLD』19時~21時

6月13日(水)はカンヌ映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督がスタジオ生出演。

受賞作の「万引き家族」についてや今の映画業界、メディアへの思いを伺いました。



CBCラジオ『北野誠のズバリ』13時~16時

北野誠さんが身の回りの出来事や男と女の悩み、政治、経済、国際情勢、 中高年の悩みをぶった斬る番組。

14日(木)は、稲川淳二さんをゲストに迎えてお届けしました。


東海ラジオ『SKE48 1+1は2じゃないよ!』21時45分~21時55分

名古屋を基点に活躍中のアイドル・SKE48の番組です。

6月12日(火)は小畑優奈さんと青木詩織さんが登場! ファンの方は必聴です。



ZIP-FM『BEATNIK JUNCTION』17時~19時

6代目のミュージック・ナビゲーターを務めるMISATOさんが公開生放送でお送りする番組。

6月11日(月)は田口淳之介さんが登場しました。



ABCラジオ『下埜正太のショータイムレディオ』22時~25時

15日(金)は鈴木愛理さん、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46、THE ORAL CIGARETTESら豪華ゲストが登場。

MAN WITH A MISSION、HYDEさんからのメッセージもご紹介します!



MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』8時~10時30分

6月8日(金)から公開している映画「羊と鋼の森」で姉妹役を演じた上白石姉妹が登場。

2人がラジオで何を語ったのか? 聴き逃してしまった方はぜひ聴いてみてくださいね!


FM802 『Ciao Amici!』17時~19時

6月12日(火)は7月に解散を発表しているチャットモンチーを迎えてお送りしました。

FM802では、6月24日(日)21時から放送する『802 BINTANG GARDEN』で、チャットモンチー特集もお届けしますので、こちらもお聴き逃しなく!



そのほかの番組情報は各局の特設サイトでご確認くださいね!

▼各局の特設サイトまとめ
https://news.radiko.jp/article/edit/5832/intro/

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

高田純次&浦沢直樹がアカデミー賞受賞作品を語る 『スリー・ビルボード』

パーソナリティの高田純次と浦沢直樹

■いよいよアカデミー賞発表
アカデミー賞の発表が週末に迫った。作品賞には『ボヘミアン・ラプソディ』や『女王陛下のお気に入り』、『ローマ』などがノミネート。メインの司会者が不在となるなど、賞の行方以外にも注目が集まっている。


■高田純次と浦沢直樹が語る『スリー・ビルボード』
そして、去年の作品賞にノミネートしたのが『スリー・ビルボード』。アメリカの片田舎で娘を殺された主婦が警察に不満を持ち、抗議のために巨大な広告看板を設置すると、次々と不穏な事件が起き始める...というサスペンス。惜しくも作品賞は逃したが、娘を殺された母親を演じたフランシス・マクドーマンドが主演女優賞を獲得した。彼女にとっては、『ファーゴ』に続き、2回目の主演女優賞となった。

文化放送が誇る異色タッグラジオ「純次と直樹」のパーソナリティ、高田純次と浦沢直樹は『スリー・ビルボード』に感銘を受けたという。2月17日放送の「純次と直樹」で感想を語り合った。

浦沢 不思議な作品ですよ。着地点がそこ!となった瞬間にこんなの見たことないって思った。
高田 笑いでも泣きでもないよね。

また、2人が注目したのが警察署の署長を演じたウディ・ハレルソン。

高田 いかにも悪役っぽい顔してる。
浦沢 手塚作品に出てきそうな顔ですよね。

浦沢 高田さんって悪役は?
高田 俺はやったことないのよ。
浦沢 詐欺師とか、めっちゃ悪い高田さん見たいですよね。
高田 やりたいよねぇ。そういうの(オファー)来ないんだよねぇ。


悪い高田純次、見てみたいものだ。

Facebook

ページトップへ