ミルクボーイ、ダイアン、かが屋…ラジオで人気芸人のトークを聴こう【関西編】

【関東編】に引き続き、人気芸人がパーソナリティを務めるラジオ番組【関西編】をご紹介します。

かまいたち、アルコ&ピース、宮下草薙、ミキ、ハナコ…ラジオで人気芸人のトークを聴こう【関東編】

ダイアン出演 ABCラジオ『よなよな…月曜日』

『よなよな…』は平日の深夜、個性豊かなパーソナリティが日替わりでお届けする3時間。月曜日は、「すぐ言う~」や「ゴイゴイスー」のギャグでおなじみのダイアン(ユースケ、津田篤宏)が担当しています。

番組前半の約1時間半は二人がただ自由に喋り続け、そのややスローなテンポのトークと掛け合いが魅力です。後半はリスナーから届いたメールを元にコーナーを展開しますが、どのコーナーも面白く、「ハガキ職人が面白いラジオ番組」としても知られています。

よなよな… 月曜日
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週月曜 22時00分~25時00分
出演者:ダイアン
番組ホームページ
公式Twitter
公式Facebook

※放送情報は変更となる場合があります。

ミルクボーイ出演 ABCラジオ『ミルクボーイの煩悩の塊』

2019年のM-1グランプリで見事優勝したミルクボーイ(駒場孝、内海崇)がパーソナリティを務める番組です。2020年の年始に特別番組として放送され、4月からはレギュラー化されました。番組名はミルクボーイのおなじみのネタ「コーンフレーク」中の一言からとっています。

二人の飾らないマイペースなトークが特徴で、リラックスしている様子が伝わってきます。ミルクボーイの魅力が詰まった番組です。

ミルクボーイの煩悩の塊
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週月曜 24時30分~25時00分
出演者:ミルクボーイ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ボンカタ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ミルクボーイ・内海の結婚に母親が反対? 「4と9はあかん」

ミルクボーイ、紅白出演の裏側で菅田将暉と対面!「もうフィーバー!夢確定!」

よゐこ、鈴木拓、くっきー!、アインシュタイン 、ケンドーコバヤシ、アンガールズ、極楽とんぼ、小沢一敬、小峠英二、さらば青春の光、尼神インター出演 MBSラジオ『アッパレやってまーす!』

アイドルや芸人、ミュージシャンなど、さまざまなジャンルの豪華なメンバーが大集合する『アッパレやってまーす!』。月曜日から木曜日、土曜日に放送されています。

テレビで顔を見かけない日は無いような人気芸人が出演しているのが特徴。月曜日はよゐこ、鈴木拓さん(ドランクドラゴン)。火曜日はくっきー!さん(野生爆弾)、アインシュタイン。水曜日はケンドーコバヤシさん、アンガールズ。木曜日は極楽とんぼ、小沢一敬さん(スピードワゴン)、小峠英二さん(バイキング)。土曜日はさらば青春の光、尼神インター。ここでしか聴けないの組み合わせでのトークをぜひお聴きください!

アッパレやってまーす!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜・土曜 22時00分~23時30分
出演者:(月)よゐこ、鈴木拓(ドランクドラゴン)、谷まりあ、鈴木美羽、若月佑美(火)くっきー!(野生爆弾)、アインシュタイン、内田雄馬、小栗有以(AKB48)(水)ケンドーコバヤシ、アンガールズ、柏木由紀(AKB48)(木)極楽とんぼ、小沢一敬(スピードワゴン)※隔週、小峠英二(バイキング)※隔週、小林豊(BOYS AND MEN)、大谷映美里、池田裕子(土)城島茂(TOKIO)、さらば青春の光、尼神インター、齊藤京子(日向坂46)
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

バイきんぐ・小峠、高いプロ意識を語る!「プロとしてハゲてる」

メッセンジャー出演 MBSラジオ『それゆけ!メッセンジャー』

『それゆけ!メッセンジャー』は、2003年に前身番組がスタートし、その頃から併せて15年以上続く人気番組。パーソナリティはメッセンジャー(あいはら、黒田有)が務め、川岸ゆかさん、アナウンサー・武川智美さんが交代で出演しています。

番組の魅力は、土曜日のお昼にぴったりな軽快なトーク。リスナーから送られてくるお悩みを、ややとぼけたあいはらさんが頑張って解決する「すいませんあいはらですが、どうか背中をおさせて頂けますか?」というコーナーなど、明るい放送をお楽しみください。

それゆけ!メッセンジャー
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週土曜 11時30分~12時55分
出演者:メッセンジャー、川岸ゆか、武川智美
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

見取り図、学天即、藤崎マーケット、祇園出演 FM大阪『よしもとラジオ高校~らじこー』

月曜日から木曜日まで、よしもと所属の芸人4組、見取り図、学天即、藤崎マーケット、祇園が、日替わりで登場します。また、各曜日には副パーソナリティとしてラジオDJ・みぃさん、水曜日はNMB48から週替りで2人が出演。番組は「高校」をモチーフにしており、各曜日のパーソナリティーは「先生」、リスナーは「学生」と呼ばれます。

各曜日で行われるコーナ―が異なり、毎日違うテーマでトークをするのが特徴です。例えば見取り図(盛山晋太郎、リリー)が担当している月曜日は「シンプル大喜利」、藤崎マーケット(田崎佑一、トキ)とNMB48が担当する水曜日は「NMB48持ち込み企画」など、その曜日に合ったコーナーを放送中。ぜひ各曜日をそれぞれチェックしてみてください。

よしもとラジオ高校~らじこー
放送局:FM大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 21時00分~21時55分
出演者:(月)見取り図(火)学天即(水)藤崎マーケット、NMB48(木)祇園(月〜木)みぃ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#らじこー」

※放送情報は変更となる場合があります。

チュートリアル出演 KBS京都『キョートリアル! コンニチ的チュートリアル』

2002年から放送している京都出身のチュートリアル(徳井義実、福田充徳)の番組。1時間の放送はフリートークが中心で、二人の漫才のような掛け合いが楽しめます。

また、眠れないリスナーに徳井さんがオカリナを奏でてあげるコーナーや、チュートリアルのコントに出てくるキャラクターにお悩みを解決してもらうコーナーなど、ユニークなコーナーも盛りだくさんです。

キョートリアル! ~コンニチ的チュートリアル~
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週土曜 22時00分~23時00分
出演者:チュートリアル(徳井義実、福田充徳)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#キョートリアル」

※放送情報は変更となる場合があります。

チュートリアル徳井&福田の大好きな袋麺とは? 「あれはマジでうまい。毎食出ててもいいもん」

かが屋出演 BSSラジオ『かが屋の鶴の間』

2019年の年始に特番が放送され、その後毎月一回放送のレギュラー化を経て、現在は毎週放送の『かが屋の鶴の間』。パーソナリティのかが屋(加賀翔、賀屋壮也)は、この番組が初の冠番組です。

番組では加賀さんの趣味である「自由律俳句」のコーナーがあったり、さらにその句をテーマにミニコントを披露したりと、ほかではなかなか聴けない企画が特徴。聴く人を選ばない、かが屋の良さが伝わる番組です。

かが屋の鶴の間
放送局:BSSラジオ
放送日時:毎週日曜 20時30分~21時00分
出演者:かが屋
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#かが屋の鶴の間」

※放送情報は変更となる場合があります。

かが屋・加賀、警備員にテロリスト扱いされる「むっちゃ、ハングリー精神思い出した(笑)」

かが屋・加賀、ネット回線契約での珍現象に「一体僕は何なんですか?」

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ