“黄色い”懐かしい学童帽子を作り続けて55年…帽子職人のモットーは「手作業で1つひとつ丁寧に」

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。4月4日(土)の放送では、帽子職人の牧野正江さんに「帽子作り」についてお話を伺いました。

懐かしい黄色の学童帽子



小学生の黄色い帽子。懐かしく思い出される方も多いかもしれませんね。

岐阜県岐阜市にある「河田製帽」は、帽子を作り続けて100年以上。岐阜市内の学童帽子のおよそ9割のシェアを誇る老舗です。

黄色だけではなく、赤色や青色、あるいは、制服と同じ生地を使った帽子製作を手掛けるなど、それぞれのリクエストに合わせて、1つひとつ手作業で縫い上げていきます。

帽子特有の曲線を綺麗に出すのは、洋服の仕立てよりも難しく、その縫製技術は、とても高度な技だと言われています。

高度な縫製技術が生み出す帽子特有の曲線



子どもたちの帽子を作り続けて55年になる大ベテラン、牧野さんは「仕事の1つひとつがすごく細かいし、丸みを帯びているし、縫うところも短いから、入ってすぐは難しいと思います。直線縫いがないですから」と話します。

生地の裁断から仕上げに至るまで、すべての工程を自社でおこなう「河田製帽」。

さまざまな作業を経て、1つの帽子ができあがるのですが、どの作業も重要で、そこに関わる職人は気を抜くことができません。

牧野さん自身も、生地の継ぎ目に数ミリのズレも許さないと言います。

帽子職人の牧野正江さん



「55年経っても、気持ちは初めてのころと変わらないですね。やっぱり、1つひとつ丁寧に作ることです。今日は綺麗にできるように、今日は綺麗にできるように……という願いを込めて、毎朝、(ここに)来ています。スクールバスを見かけると、車内に子どもさんがいるでしょ。それを見ると、“ああ、(帽子を)被ってくださっている、ありがとう”っていう気持ち。それなんです」

55年経っても、「モノ作りに挑む気持ちは、初めての日と同じ」と話す牧野さん。妥協のない丁寧な仕事と愛情が、子どもたちの笑顔を作っているんですね。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月12日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DUNLOP presents みらい図鑑
放送日時:毎週土曜13:55~14:00
パーソナリティ:吉田美穂
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/miraizukan/index.php
タグ

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ