もし「半沢直樹」があなたの周囲にいたら…どのポジションがいい? アンケート結果は…

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。9月11日(金)の放送では、TOKYO FMの新音声サービス「AuDee(オーディー)」と連動したアンケート「AuDee JUDGE」を実施。この日のテーマは「半沢直樹、あなたの身の周りのポジションにいるとしたらどこがいい?」。その結果は……?

※写真はイメージです



Q.半沢直樹、あなたの身の周りのポジションにいるとしたらどこがいい?
・隣人……24%
・同僚……16%
・友人……15%
・上司……14%
・先輩……11%
・幼馴染……11%
・父親……4%
・旦那……2%
・部下……1%
・後輩……1%
・恋人……1%
・息子……1%


この記事では、リスナーから届いたたくさんのメッセージのなかから一部の内容を紹介します。

<隣人>
■お隣さんが(半沢直樹の妻役の)上戸彩ちゃんで、毎日井戸端会議をして、旦那さんの話を聞きたい♪

<先輩>
■「おっ? また噛みついている! いいぞいいぞー! もっとやれー!!」って感じで、外野から見ています。

<同僚>
■同僚にすると心強いと思う。ぜひ、同僚になって!!

<後輩>
■部署の違う後輩ぐらいがちょうどいいのかな?

<友人>
■行動に移すのは自分自身ですが、なにかを相談したとき、的確なアドバイスをくれそう。

<恋人(妻)>
■あえて、奥さんの立場になって巻き込まれるのも楽しいかも。怖いもの見たさだけど。

<幼馴染>
■普段はそこまでかかわりはないけど、いざというときに助けてくれそうな“幼馴染”がいいです。

<その他>
■部活の先輩の知人……くらいのモブがいいです。一方的に知っていて“お噂はかねがね……”みたいなポジションが。

みなさんはいかがですか?


----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年9月19日(土) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/
タグ

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ