「学校の担任がハズレ…」2児ママの相談に、若新雄純「“アタリ”の先生を信じるほうが危ない」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」のコーナー「若新雄純の『無責任相談所』」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が、リスナーからの相談に答えました。

若新がリスナーからのお悩みに答えるものの、その回答には一切責任を取らないという斬新(!?)なコーナー。この日紹介したのは、2児のママから寄せられた学校の先生にまつわる相談です。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



<リスナーからの相談>
「我が家には、小学2年の息子と年少の娘がいます。これは息子が保育園時代の話。息子は給食嫌いだったのですが、担任の先生から『気持ち悪いから“口から出したものもちゃんと食べて”と言われていた』と、最近同級生のママから聞きました。息子からそんな話を聞いたことはありません。過去のことはどうしようもありませんが、今後“ハズレ”の先生に当たった場合、どうすればいいのでしょうか? ちなみに、我が家の地域は小さな学校なので、1クラスでクラス替えはありません」

*   *   *

◆どんなに素晴らしい先生も“絶対”ではない
この相談に、若新は開口一番「逆に、“アタリ”の先生のほうが、もっと危ないかも」と言います。というのも、“アタリの先生だ”と設定することによって「子どもたちがその先生のことを全部信じてしまうようになる」と指摘。

これからの社会を生きていくうえで大事なことは、「この世に“絶対はない”ということをちゃんと知って育つことではないか」。絶対というものに期待しすぎてしまうと「必ず裏切られるし、人間関係においても曖昧なことが多い。すべてが絶対ではないのに、“絶対が必要”、“絶対があるに違いない”と思って育ってきた人のほうが多い」と言います。

若新は、「どんなに素晴らしい先生であっても“絶対”ではない」とキッパリ。ところが、“アタリ”の先生だと思い込んでしまうことで「その先生のことが“絶対” の存在になってしまい、 “先生が言ったから……”と(鵜呑みにし)、それ以上深く考えたり、疑ってみたり、自分の頭のなかで考えなくなってしまうんじゃないか」と示唆。だからこそ、先生の“アタリ”や“ハズレ”に捉われるよりも、「僕らは曖昧な世の中を生きているというのを知ることが大事。そもそもこの世に絶対はない」と強調します。

先生といえども、100%なんでも知っていて完璧なわけではないということをきちんと理解したうえで、“自分ならどう考えるだろう?”、“ほかの先生はどう思っているだろうか?”、“ほかのクラスはどうなんだろう?”といった具合に、まずは「相対化してみること」と若新。そうすることで、「目の前に立っている先輩や大人が言ったからといって、(すべてのことが)そうとは限らないという目を養える。“ハズレ”を引いたときこそ、世の中は1個の結論だけで動いているわけではないということを知るチャンス」と声を大にしていました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286
タグ

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ