フェンシング・西岡詩穂、オリンピックは「感謝を唯一“姿”で伝えることができる場所」


西岡詩穂選手



荒川静香と高橋尚子がパーソナリティを務め、東京海上日動がお送りするTOKYO FMの番組「MY OLYMPIC」。かつての名選手から将来有望なオリンピック代表選手のタマゴまで、さまざまなアスリートの輝きをお届けしています。2月1日(月)~5日(金)、8日(月)~12日(金)、15日(月)~19日(金)、22日(月)~26日(金)の放送では、フェンシングの西岡詩穂選手が登場。本記事では、2月19日(金)、22日(月)~26日(金)でのトーク内容を紹介します。



西岡選手は、フェンシング女子フルーレの日本代表選手として、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロと2大会連続でオリンピックに出場。今夏開催予定の東京オリンピックへの出場も期待されています。

そんな彼女にとって、初のオリンピック出場となった2012年のロンドン大会。当時の心境について「高校生くらいからオリンピックのイメージを固めてきたつもりだったんですけど、いざその舞台に立った瞬間、緊張やワクワクなど、それまでに感じたことのない感覚や感情が多すぎて、私のなかで(気持ちの)整理ができなくなっていました。ですが“先輩たちのために頑張ろう!”という気持ちが一番大きかったので、そこで冷静さをとり戻して試合に臨んだ感じでした」と振り返ります。
 
その大舞台での結果は、個人では2回戦進出、団体は7位入賞でした。「現実としては、まったく納得できる結果ではなかった。オリンピックを2回経験して言えるのは、“気持ちの準備が全然できていなかった”というのは反省すべきところ」と話します。

また、「団体が勝てなかったのは、正直いまでもわからない。“最強のチーム”だと思っていたのに勝てなかったので、悔しさだけが残る団体戦だった。なので、叶うことならもう一度同じメンバーで挑戦したかったんですけど、先輩たちは全員引退してしまったので、その夢は叶えられずに終わった。“これがオリンピックなんだ”という感じでしたね」と悔しさをにじませます。

それから4年後のリオデジャネイロ大会出場を目指しトレーニングに励んでいた西岡選手でしたが、同大会ではフルーレの団体戦はおこなわれないことが決まっており、個人での出場を目指すしかありませんでした。

その道のりについて、「リオに向かう4年間は地獄でしかなかった」と西岡選手。個人戦で戦うことは、日本のなかで常にトップで居続けなければならないということ。それだけに、「練習もチームでワイワイしたり、仲よくしたりすることもなく“基本、1人でいる”と決めました。できることなら、練習のとき以外は(チームメイトと)一緒にごはんに行ったり、楽しく過ごしたいというのが本音なんですけど、後輩たちが敵になることもあるので“隙を見せないように”と、自分のなかで制御をかけました」と過酷な日々を打ち明けます。

そんなストイックぶりが実を結び、自身2度目のオリンピックとなるリオデジャネイロ大会への切符を手にしました。

出場権を獲得した瞬間、「みんなに“無視してごめん”、コーチに“感謝”、そして“これから頑張ろう!”という3つの気持ちが湧いてきましたね」と回顧。試練を乗り越え、再び戻ってくることができた夢の大舞台でしたが、「リオの準備段階でうまく練習できない期間が約1年半あったので、それを思い出すだけでも本当に腹立たしい……出し切れなかった、自分をつくり切れなかった」と、自分が納得できる結果を残すことも出し切ることもできず、個人3回戦進出という結果でした。

しかし、西岡選手は次こそ雪辱を果たすべく、“東京オリンピックを集大成の大会にしよう!”と前を向きます。

「オリンピックというだけでも素晴らしい大会なのに、それが日本で開催されるというのは、言葉が足りないですけど“すごいことだな”と感じています。そこに出場して結果を出せたら、いままでのフェンシング人生の集大成として“素晴らしい形”になるんじゃないかと思っています。ただ、出場に関してはまだなにも決定していないですし、いまはその準備段階。最後まで気持ちを切らさないように、身体面、技術面を落とさないことを心がけて毎日を過ごしています」

そう思いの丈を語り、最後に「オリンピックの舞台に立って伝えたいことは“感謝”の1つしかないと思っています。いままで支えてくれた方がいなければ私はその場に立てていないし、ここまで強くもなれていない。もし東京オリンピックの舞台に立てているのであれば、それは絶対に私1人の力では成し得ることではない。その強い気持ちを持って戦うからこそ、選手は強くあれると思う。その気持ちを言葉じゃなくて、唯一“姿”で表して伝えることができるのがオリンピック。場所ではなく、人の思いの大きさですよね」と自らを鼓舞していました。

本日3月5日(金)の放送をradikoタイムフリーでチェック!

<番組概要>
番組名:MY OLYMPIC
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週月~金曜6:55~7:00(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
パーソナリティ:荒川静香、高橋尚子
番組Webサイト:https://www.jfn.co.jp/myolympic/
タグ

実はリンクする「こども庁」と「デジタル庁」

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月15日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。設置法案を2022年の通常国会に提出する方向となった「こども庁」について解説した。

2020年9月30日、訓示を行う菅総理~出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202009/30kunji.html)

「こども庁」設置法案を通常国会に提出へ

政府・与党は、子どもに関する福祉や医療などの政策を一括して所管する「こども庁」の設置法案を、2022年の通常国会に提出する方向で調整に入った。担当閣僚と長官を置き、児童虐待防止や不妊治療支援などを一体で担わせる方針である。

飯田)「デジタル庁」がいま審議されていますけれども、次は「こども庁」と、横串政策を打ち出していますね。

鈴木)悪いことではないと思います。こども庁に関して言うと、4年~5年くらい前から以前の厚生労働大臣をやっていた塩崎恭久さんが、児童虐待や児童相談所の問題を改革するべきだということで、超党派で取り組んで来ていました。こども庁のいろいろなプランを見ると、そういうものが中心になっています。

政治 自民党新四役が決定 佐藤勉総務会長、菅義偉総裁、二階俊博幹事長、下村博文政調会長ら=2020年9月15日午後、東京・永田町の自民党本部 ©産経新聞社

何のための霞が関の役所なのか

鈴木)何が言いたいかというと、やることはいいのだけれども、すでにある霞が関の役所のなかで、例えば厚労省のなかで改革できるものが実はあったのではないか。塩崎さんたちが一生懸命やって来たようなことは、少しは法改正もできましたが、縦割りということもあって、ほとんど形にはならなかったのです。だからそこで改革できるものをやらないと、結局本質的には変わらず、テーマが出て来たら「はい、横串横串」と。何のための霞が関の役所なのか、仕事ぶりなのかとなるわけだから。屋上屋にならないように、今回も制度設計議論が必要だというのがまず1つですね。

グループインタビューに臨む河野太郎行政改革担当相=2020年10月1日午後、東京・永田町 ©産経新聞社

「こども庁」と「デジタル庁」をリンクさせる

鈴木)なぜこども庁をつくるかと言うと、虐待などいろいろなことを含めて、いまの体制では連携できないからということです。そこで、いろいろなところでデジタル社会をつくって行こうという菅政権の方針がありますが、実はここと、子どもに関する虐待などの問題を結びつける。簡単に言うと、こども庁とデジタル庁がリンクするような話があるのです。行革担当大臣の河野太郎さんにデジタル庁のことで取材したのですよ。「デジタル化、デジタル化と言うけれど、デジタル庁もしくはデジタル化の先にどんな日本の社会があるのか」と。「デジタル社会とはどういうことか」ということで、例に挙げたのが子どもの話だったのです。

2021年3月17日、会見する菅総理~出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202103/17bura.html)

子どものデータをデータベース化することで家庭環境が把握できる

鈴木)実際に東京の足立区や大阪の自治体などで、教育委員会が子どものデータをデータベース化しているということです。何かと言うと、子どもが身体測定をやるではないですか。たかが身長体重かと思ったら、それをデータベース化することによって、成長して1年経っているのに、まったく体重が増えていないというようなことがわかるのです。さらにマイナンバーなどに紐づけされるけれど、その子どもの家庭環境はどうなのか。実はお母さんが1人で育てているかも知れない。その場合、お母さんの給料がいくらなのか。お母さんの給料が減っているのではないかなどということがわかるのです。

飯田)失業しているかも知れないとか、シフトが削られているのかも知れないとか。

鈴木)子どもの体重が増えていないとなれば、もしかして、ちゃんと食べさせられていないのではないか、虐待はないのかと。そういうものが全部データ化される。だからデジタル化社会というのは……。

飯田)「申請が楽なんでしょう」とか、「人と人との関わりがなくて冷たい社会なのではないか」みたいな。

鈴木)その通り。でも実はそうではなくて、「1人1人のために何ができるか、そういう考え方があるのです」というようなことを子どもの例で河野さんが説明をしたのです。そういう意味では、こども庁というのもわかるのですが、デジタル庁も含めて、総合的にいろいろな切り口でやって行けることがあるのだな、ということを感じますね。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ