東京ホテイソン「優勝するイメージを持っておけば…」M-1グランプリ出場時の最大の過ちを振り返る

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。5月3日(月・祝)の放送では、みんなの“あのとき〇〇していれば”と思ったエピソードを調査しました。


左から、山崎怜奈、たけるさん、ショーゴさん



世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日の議題は“あのとき〇〇していれば”と思ったこと。というのも、今年1月に「だれはな」でれなちが大好きなTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を紹介したところ、その番組から「だれはな」宛に手紙をいただいたものの、それが棚と棚の間に落ちていていままで気づかず、番組スタッフ一同猛反省&大後悔。あのときしっかり確認していれば……ということで、この日はみんなの“あのとき〇〇していれば”をシェア。

リスナーからは、「大学の課題を溜め込み、期限がGW明け。やっておけばよかった」、「昨日引っ越しをしたが、もっと早く照明器具を注文しておけばと後悔」、「ずっと応援している俳優がいたが、突然いなくなってしまった。それだけにいまのモットーは『推しは推せる時に推せ』」。一方で、「高1の頃、部活の練習試合の前に準備運動をしなかったら骨折。予定していた短期留学が取りやめに。しかし、その経験があったから医者になりたいという夢ができたので、いまとなってはいい思い出」というメッセージも。

また、「会社の先輩と親しくなり、もしかしたら付き合うかもと思ったのも束の間、仕事が忙しくなり、連絡の頻度が減少。遂には私から連絡を止めてしまった。先日、彼にLINEしたら返事なし。もしかしたら彼女ができたのかも。あのときアタックしておけばよかった」、「中学1年生の頃、好きな女の子がいたが告白できず、ある日お互い転校。その後、大学生になり、共通の知り合いから彼女が当時私のことが好きだったことを知り、あのとき勇気を出していればと思う一方で、告白できなかったからこそいまでもその甘酸っぱさを感じられる」といった恋愛系メールに、れなちは「あるよね~」とキュンキュンしつつ、「言いたいことは言えるうちに言えってこういうことですよね!」と反応。

この日のゲストは、たけるさんとショーゴさんからなるお笑い芸人・東京ホテイソン。ショーゴさんの“あのとき〇○していれば”は、「M-1グランプリ 2020」の際、「優勝するイメージを持っておけばよかった」こと。当時、ショーゴさんはM-1出場に向けていろいろな妄想をしていたそうで、審査員の松本人志さんに褒められるパターンからボロクソ言われるパターンをはじめ、上沼恵美子さんに怒られたときの振る舞い、さらにはオール巨人さんがネタ中にトイレに行くというとんでもないことまで考えたりするなか、最も想像したのが「最下位になること」。それが結果につながったのではないかと振り返ります。

この日もリスナーからたくさんのメールが寄せられ、「やらず後悔というのは、本当に根深くあと先まで残るものなんだとみなさんのメールを受けてあらためて感じました」とれなち。そして、「私もやらないで後悔したこともあるし、後悔せずに生きるなんて無理だと思うけど」と心の内を明かしつつ、「やってからの後悔のほうが自分のなかで経験として宝になる」と言います。さらには、「後悔したくないと強く思うからこそ、いま自分が大事に思っているもの、守りたいもの、自分自身をもっと優先してあげようとあらためて思いました」と語る一方で、「気づかなかったことは、それはそれでご縁。潔く次に進みましょう!」と前向きなメッセージを贈るれなちでした。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年5月11日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/
タグ

アイスの「サンデー」と「パフェ」を分ける意外な違い

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。5月5日放送分のテーマは「アイスクリームの歴史」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

イタリアで誕生したアイスクリームの原型は、アメリカに渡り、ヨーロッパとは違った進化をして行きます。

アイスクリームにチョコレートやフルーツソースをかけたものを「アイスクリームサンデー」、略して「サンデー」と言いますが、これはアメリカで生まれたデザートです。

チョコレートをかけたアイスクリームを日曜日限定で販売したところ、とても好評だったそうです。“日曜日限定商品”なので、名前が「サンデー」になりました。

しかし、英語のスペルは「サンデー(Sunday)」ではありません。アイスクリームのサンデーの場合、スペルは「Sundae」だそうです。日曜日は「キリスト教の安息日」でもあることから、それを考慮してスペルを変えたのだとか。

アイスクリームサンデーとよく似たデザートに、「アイスクリームパフェ」があります。この違いですが、浅いお皿に盛りつけるのが「サンデー」で、深い器に盛りつけるのが「パフェ」とされています。

パフェの名前の由来は、たくさんの風味と冷たい喉ごしのハーモニーが完璧であることから、「パーフェクト・アイスクリーム」が略されて「parfait(パフェ)」となったとする説。また、フランス語で「完全な」という意味を持つ「parfait(パルフェ)」から付けられたとする説があります。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ