木村拓哉「自分が思う“ベストスマイル”を」…「リモート会議でうまく笑えない」会社員の悩みにアドバイス

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。9月のゲストには、モデルで女優の中村アンさんが登場。9月19日(日)の放送では、リスナーから寄せられたメッセージに答えました。



◆どんなふうに表情をつくればいいのか…
<リスナーからのメッセージ>
私の会社もコロナの影響で、パソコンでの打ち合わせや(リモート)会議が続いています。そんななか、毎日パソコンの画面に映る自分の顔を見ていて、気づいたことがあります。自分のなかでは爽やかに笑っているつもりでも、ニヤけた感じになっているのです。画面を意識すればするほど、どう笑顔をつくればいいのかわからなくなってきました。

キャプテン(※本番組での木村の呼称)は撮影のときなどに、どんなふうに表情をつくっているのですか? また、テレビに出演するときにモニターなどは意識しますか?(33歳 男性)



そんな質問に木村は、「意識する人はめっちゃ意識しますよね。どっちかにわかれるんじゃないかな? でも、“表情をつくる”っていう感覚はそんなにないけどなぁ……」と回答。

一方、高校・大学時代にチアリーディング部に所属していた中村さんは、「チアは相手を元気づけるスポーツでもあるので、笑顔の練習もありました」と振り返ります。最初はうまく笑えず、ときには先輩の前で笑う練習もあったと言います。

そんな自身の経験から「そのうち自然になってくるみたいな……(笑)。でも、どんな顔よりも、やっぱり笑顔が一番いいじゃないですか。だから自信を持って笑うといいと思います」とアドバイス。これに木村も「自撮りで、自分が思う“ベストスマイル”を認識しておくといいかも。それを知って、自分を知るっていう」とアドバイス。そんな木村の提案に、中村さんも「いいと思います!」と同意します。

とはいえ、リモート会議で「“MAXの笑顔”でも困りますよね……(笑)。『あの人、すごい笑っている!』ってなるかも……(笑)。でも、無表情よりはいいですよね」と、“笑顔のさじ加減”の難しさについても言及。

また、コロナ禍でマスク着用していることも多いことから、中村さんが「あまり表情をつくらなくても、良くなっちゃっていますもんね。だから、笑ってないと口角も下がるし……自信を持って笑ってください!」と背中を押すと、木村も「表情は豊かにしておかないとね。ぜひ(“ベストスマイル”を認識して)自分を知ってください」とアドバイスを送りました。

次回9月26日(日)の放送は、木村がリスナーからのメッセージに答えます。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年9月27日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/
タグ

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ