江原啓之「事実を理解することが大事」学校生活に悩むリスナーに届けた言葉は…?

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。

江原啓之



◆昔のことを思い出しては恋しくなる…
5年前に中学受験をして、中高一貫校に通っています。私の通う学校は、府内ではトップの学校で、レベルの高い生徒との(楽しい)学校生活が送れることを信じて、仲の良かった小学校の友達と同じ地元の中学校に行かず、その学校に入学しました。

しかし実態は違っていました。確かに彼らは頭はいいのですが、一部を除いては人間的に幼いのです。また、男子校であることも相まってか、特定の先生の授業では、なめた態度を取って授業妨害をするなど、最前列で授業を受けないと聞こえない授業もありました。そのたびに私は怒りを抑えきれず、自分が何のために他のことを犠牲にして勉強したのかわからなくなり、進学についてきちんと考えなかったことを後悔して自分を責めたり、口にこそしませんが両親を責めたりしました。

先生に相談しても完全に解決されるわけでもありませんでした。受験時期になり、今でこそ彼らは人が変わったように授業に対しても熱心になりましたが、私は今でもふとしたときに昔のことを思い出して鬱のようになってしまいます。高校でも仲のいい友達がいて成績も維持し続けているのに、なぜか小学校の頃が恋しくてなりません。ときが止まってしまった私にご助言をお願いします。

◆江原からの“ことば”
しっかりとした文章ですね。ただ、あなたは「江原さん、無責任なこと言うな」と思うかもしれませんが、私は「こういう学校に行けて良かったね」と思います。

私、あなたの気持ちがすごくわかるんです。同じ県でも地域というのがあって、地域の仲間は気心が知れているし、みんなが同じ感覚のなかで育ってきている。だから母体のように一番居心地がいい。

実は、私も同じ感覚に陥ったことがあるのです。高校は私立だったので、地域の学校とは全然違う。私は東京の下町の出身で、山の手の学校に行ったことがなかったので、「なんて薄情な人たちのなかに来てしまったんだろう……」とすごく淋しくなったんです。「小学校の仲間たちに会いたい」と思ったりもしました。でも、その後、私は変わっていった。「こういう人たちもいる」「自分の育ってきたところが狭すぎる」と思ったんです。事実を見ようとしました。

あなたが行っている学校も特別ではありません。いろんな意味で気心が知れている地域から、より(世界が)広がっていく。これから大学や社会、または世界にも出ていくかもしれない。そんなときに(さまざまな経験をしていないと)カルチャーショックだらけになってしまう。だから今、この事実を理解することが大事。小学生時代の友達や環境が、いかに良かったかがわかる。

「恋しい」と思うことは、良い時代を過ごせてきたわけですので、(まずは、当時の環境やその時代を一緒に過ごした周囲の人に)「感謝」をしてください。これは大人になっても忘れないようにしなくてはならない。そして今度は、「世界が広いんだな」ということも知っていかなくてはならない。少しつらかったかもしれないけれど、私はあなたの繊細さは好きです。頑張ってね(鈴の音)!

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/
タグ

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ