爆風スランプの名曲「大きな玉ねぎの下で」制作秘話…サンプラザ中野くん「実はその曲は…」

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

11月13日(土)放送のお客様は、ミュージシャンのサンプラザ中野くん。11月10日(水)にミニアルバム『旅人よ~The Longest Journey』をリリースするとともに、2年ぶりのライブツアー「爆夢サンちゃんライブS&Pスペシャル 2021」を発表したサンプラザ中野くん。ここでは、爆風スランプの楽曲「大きな玉ねぎの下で〜はるかなる想い」制作裏話を披露しました。


サンプラザ中野くん



サンプラザ中野くんは1982年にロックバンド・爆風スランプを結成し、1984年にメジャーデビュー。「Runner」「リゾ・ラバ(resort lovers)」「大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い」「旅人よ~The Longest Journey」など、数々の名曲を世に送り出しています。音楽活動以外にも、ラジオパーソナリティや文筆家など、マルチな才能を生かして活動中です。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」11月13日(土)放送ゲスト:サンプラザ中野くん



◆武道館ライブのプレッシャーから生まれた曲!?


爆風スランプ



川島:爆風スランプさんはデビュー翌年の1985年に武道館ライブを開催されたんですね。すごいです。

中野:ライブハウスは満員にできていたんですけど、その他の仕事はあまりしてこなかったので、「(いきなり)武道館!?」って思いました。

川島:憧れの場所ですよね。

中野:ものすごく憧れていました。ライブもいっぱい観に行っていましたから。

川島:のちに武道館の曲(「大きな玉ねぎの下で〜はるかなる想い」)も作りましたもんね。

中野:実はその曲は、武道館へのプレッシャーで作ったんだよね。

川島:えっ!?

中野:そもそもの話は、1984年に九段会館でライブをやったときに打ち上げをしたんですけど、そこにソニーの偉い人がいて「お前たち、今日はご苦労であった。隣にある武道館をお前たちのために押さえたから。来年、満員にしろ」って言われたんですね。

(その話を聞いた瞬間)「最高だ!」とは思ったんですけど、「満員は無理だな」とも感じていて。そこから半年から1年ぐらい、武道館を満員にできるかどうかのプレッシャーを抱えていました。

川島:いきなりのビッグステージですからね。

中野:そうなんですよ。結局「いや、できない……」「満員になんかなるわけがない……」って考えるようになって。「ライブ当日に空席があったら、ファンはがっかりするだろうな」って思ったんです。それで、ファンのがっかり感をやわらげるために「“(武道館の)席が空いているドラマ仕立ての歌”を作ろう」と。

川島:「席が空いているのはチケットが売れていないからじゃない! 空いている別の理由を作ろう」って考えたんですね。面白い!

中野:そうなんですよ。それで作ったのが「大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い」なんです。

川島:そういう経緯があって、切ないラブソングになるわけですか。

中野:「ペンフレンドに武道館ライブのチケットを送ったけれど、最後まで来なかった。ああ……」っていう内容の歌詞を書いたんですよ。

川島:あの素敵な名曲が生まれたのは、そういう背景があったんですね。

中野:最初は、笑ってもらえる歌で考えていたんです。それを(空席がある)言い訳の歌にしようとしたんですね。

川島:へええ。

中野:歌詞は「ペンフレンドの二人の恋は」から始まるんですけど、当時は「お前ってペンフレンドなんかいるんだ? あっはっは!」みたいな、ちょっとダサい扱いだったんですよ。だから、この歌詞から入れば、まずはファンの笑いはつかめるだろうと考えたんです。でも、歌詞をどんどん書いていくうちに、メロディがよかったのか、いい歌になっちゃったんですよ。

川島:めちゃくちゃ名曲ですよ。

中野:ありがとうございます。それで、書いているうちに自分でも「いい歌じゃない!?」ってノってきちゃって。

川島:風向きが変わったんですね(笑)。

中野:泣けるいい歌になっちゃって。「変だな……どうしてこうなったんだろう? でも、いいか! すげえウケてるし」って思いましたね。それで、武道館ライブをやったんですけど、そうしたら満員で。本当に感動しましたね。

川島:プレッシャーで苦しんでいたのに、結果的に成功して。舞台に出たとき、泣きそうになりますね。

中野:でもね、舞台に立ったときに緊張がピークに達しまして。コンサート自体は盛り上がったんですけど、自分自身が何をやったのかは覚えていないんですよね。

川島:盛り上げることに、とにかく夢中だったということですね。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee Spotify)も配信中です。

次回11月27日(土)のお客様は、アコースティックギターバンド・BEGINの上地等さんです。

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/
タグ

★12星座占い・12月の運勢★「射手座(いて座)」全体運・恋愛運・仕事運・開運アドバイス

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする12星座占い・12月の運勢。12星座別の2021年(令和3年)12月の「射手座(いて座)」の運勢を、東京・池袋占い館セレーネ所属の占い師・夏目みやびさんが占います。「射手座(いて座)」の12月の運勢(全体運、恋愛運、仕事運)は? 開運アドバイスも!


◆射手座(いて座:11月23日~12月21日)

全体運
良い波に乗っていけそう。特にネガティブな感情をきちんとリセットできれば、さらに飛躍できる可能性も出てくるようです。月の後半は、全力で頑張るのみ。多少キツくても、やり遂げると新たな感情が生まれたり、世界が広がっていくように感じるかも。

恋愛運
恋愛運は引き続き上り坂。自分の想いを素直に伝える機会をつくりましょう。恋人がいる人は、イルミネーションがきれいな場所に行ったり、雰囲気づくりに手を抜かないように。恋人がいない人は、自分の直感を信じて行動すると◎ 友達に恋愛パターンを聞いて、振り回されないようにしましょう。

仕事運
月の前半は、考えすぎないようにすることが開運の鍵。1人で集中できる環境をつくって、コツコツ作業すると良いでしょう。次第に気持ちも前向きになりそうなので、自分のペースを崩さずに取り組めば、飛躍のチャンスもありそう。

ワンポイントアドバイス
どんなときでも“楽しむこと”を忘れずに。自分自身を盛り上げる習慣をつけると、多少大変なことが起きても、冷静に対応することができそうです。“意識が高い若い男性”がキーパーソンなので、接する機会をつくってみるのもアリ。

■監修者プロフィール:夏目みやび(なつめ・みやび)
東京・池袋占い館セレーネ所属。メッセージ性の高い鑑定はリピーターも多く、心の琴線に触れると話題に。占いや開運で個性が輝けるような占いを発信中。Yahoo!占い「マザー占術」など数多くのコンテンツもリリース。
Webサイト:https://miyabi.selene-uranai.com/
オンライン占いセレーネ: https://online-uranai.jp/

Facebook

ページトップへ