草彅剛「クライマックスで涙が出てきて…」出演映画「サバカン SABAKAN」制作までの裏話を語る

TOKYO FMで放送中の生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50/月・火:稲垣吾郎&吉田明世、水・木:ハマ・オカモト(OKAMOTO‘S)&中川絵美里)。
架空のレコード店を舞台に「上質な音楽を、じっくり味わう。」のコンセプトのもと、上質な音楽と趣味の話題をお届けしています。

6月13日(月)の放送では、ゲストに草彅剛さんが登場。ここでは、草彅さんが出演する映画「サバカン SABAKAN」(8月19日(金)公開)の制作秘話を明かしました。


(左から)吉田明世、草彅剛さん、稲垣吾郎


◆実はラジオドラマだった?

2022年8月19日(金)には、草彅さんの出演映画「サバカン SABAKAN」が公開されます。1980年代の長崎県を舞台に、少年たちがイルカを見るために冒険に出る……というストーリー。草彅さんは、主人公の少年・久田孝明の大人時代を演じています。



草彅:実はこれ、もともとラジオドラマで(やる予定の作品だったの)。「言ってもいい」って言われたから、言っちゃうんだけど……。

「新しい地図」を始めてすぐに「ラジオドラマをやる」っていう話を受けて、キャラクター(のセリフなど)も全部僕が読み上げて収録したの。収録ブースで読んでいるときからすごく良くて、手ごたえがあって、クライマックスで涙が出てきて……。「いい仕事ができたなぁ」って思っていたけれど、時間が経ったら「あの仕事はなくなりました」って言われて(笑)。

稲垣:オンエアされていないの!? そんなことあるの?

草彅:大人の事情かもしれないんだけど、全部読んだのに(ラジオドラマの話が)なくなっちゃったの!「そうなんだ……」って思っていたんだけど、今になって映像化するってなって、「なくなってなかった!」って。

吉田:そのときに収録した音声は使われているんですか?

草彅:いや、使っていないんですけどね。

稲垣:制作チームはそれを知っていたの?

草彅:(ラジオドラマも映画も)どちらも金沢知樹監督が生み出した作品だからね。

稲垣:「ラジオドラマもいいけど、映画として残していきたい」ってことだね。繋がっているからよかったじゃん! でも、本人的にはびっくりだよね。

草彅:そう。(内容は)ちょっと変えて映像化しているんだけど、ほぼほぼ僕が読んだまま。

吉田:そっちもぜひ聴きたいですね。



映画「サバカン SABAKAN」は、8月19日(金)から全国ロードショーです。ぜひチェックしてください!
公式サイト:https://sabakan-movie.com/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:月~木 15:00~16:50
パーソナリティ:月・火:稲垣吾郎、吉田明世 水・木:ハマ・オカモト[OKAMOTO‘S]、中川絵美里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/trad/
タグ

乃木坂46 久保史緒里「なんか、息子みたいな感じだよね」 家のルンバを溺愛

8月3日(水)深夜、乃木坂46で3期生の久保史緒里がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)が生放送。ロボット掃除機・ルンバの名前にこだわる理由や、上京してから使っている小さいテレビを使い続ける理由について語った。

乃木坂46 久保史緒里

前回7月27日(水)の放送は、久保は新型コロナウイルス感染の療養のため休演し、代打として同期の7人がパーソナリティを担当。同期が“久保あるある”を披露し、「久保ちゃんの家には物が無い」「テレビがすごく小さい」「ルンバに名前をつけ、改名もした」「プロジェクターでただただ野球を見ている」などと暴露。

これを受け、8月3日の放送で久保は「検証していこうと思います」と切り出し、全て事実だと語った。

「ルンバを買った直後につけた名前が『ひなた』です。何でかというと、よく同級生と『子どもに名前をつけるなら?』みたいな会話をするじゃないですか? その流れで『ひなた』っていい名前だよね、ってなって。

でも今は、うちのルンバは『むぎた』って言います。『ひなた』って名付けてから少したって、映画『花束みたいな恋をした』を見たんですよ。有村架純さんと菅田将暉さんの、めちゃめちゃ素敵な映画を見に行ったんです! お2人の、主人公の名前が『絹ちゃん』『麦くん』で、まんまと影響されちゃって(笑)

何でルンバに名前をつけたかというと、遠隔操作ができて、スマホで家のルンバを動かせるんですよ。でも、障害物とか、なにかに絡まったりとかすると止まって、スマホに通知が来るんです。『“むぎた”が困っています。助けてあげてください』って! あと、『むぎたが無事、家に帰れました』とか。なんか、息子みたいな感じだよね。だから名前をつけているんですよ」

ロボット掃除機の名前を自由に変更できる機能があり、その通知がかわいい為、真面目に名前をつけたという久保。

乃木坂46 久保史緒里

また、「テレビがすごく小さい」ということについても、「本当です」と告白し、大きさはB4サイズの紙、ノートパソコンのモニターほどの大きさとのこと。買い替えない理由について「上京した時、私は中学生だったから、自分でお金を稼ぐことができていなくて。そういう中で親が買ってくれたっていうのが、なんか私の胸の中にすごいあって。親が買ってくれた物を買い換えるっていうことが、罪悪感じゃないんですけど、なんか違うな……って」と説明。家族との思い出から、新しい物を買うことに躊躇していると明かした。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ