顔写真付き新型コロナウイルス抗原検査陰性証明「東京コロナパス(仮称)」で安心・安全に楽しんでいただく ~東京都医師会理事・黒瀬巌

東京都医師会理事で「ケイアイクリニック」理事長の消化器内科医、黒瀬巌氏が11月24日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。新型コロナウイルスの早期発見の重要性、また「東京コロナパス(仮称)」について解説した。

【新型コロナ 飲食店時短解除】4都県の飲食店時短営業が解除 東京・赤羽の飲食店街=2021年10月25日午後、東京都北区 ©産経新聞社

新型コロナ「抗体カクテル」、飲み薬は「症状が出てから5日以内」に ~早期発見が重要

飯田浩司アナウンサー)東京都の「発熱外来マップ」を利用していただき、早期発見するのが大事だということですが、新型コロナの場合も早期発見が大切なのですね。

黒瀬)いま皆さんがご存知のように、抗体カクテル療法というものがございます。また年末年始にかけては、飲み薬タイプの治療薬も国内で承認される動きになっています。

飯田)そうですね。

黒瀬)それらの薬は初期段階の服用、「症状が出てから5日以内」という縛りがあるのですけれど、早ければ早いほど効果があります。ですので、新型コロナ感染の疑いのある方は、できるだけ速やかに医療機関を受けていただき、感染している場合は抗体カクテル療法、あるいは今後の新しい飲み薬を使って治療する。それによって、9割以上の確率で重症化を予防できると思います。

9割以上の予防効果があり、周りの人への感染も防ぐことができる

黒瀬)抗体カクテル療法は、濃厚接触者に対しても使っていいということが決まっています。そうするとご自身を助けるだけではなく、同僚やご家族を守ることにもなるのです。

飯田)抗体カクテル療法は予防効果があると報道されていましたね。

黒瀬)9割以上の予防効果があります。飲み薬もそれくらいの効果が期待できると思います。その方がもし躊躇して医療機関を受けないと、周りの方々がせっかくの予防の機会を失って、重症化してしまう可能性も出て来る。ご自身が陽性と疑われた場合には、速やかに医療機関を受けていただき、ご自身の症状を治すだけではなく、予防することによって、周りの友達や同僚、家族を守っていただきたいと思います。

飯田)予防することによって、周りの人を守る。

黒瀬)「早期発見、早期介入、早期治療」の3点セットで新型コロナに対応するという、新たなフェーズに入ったのだと思います。

新行市佳アナウンサー、黒瀬巌氏、飯田浩司アナウンサー

東京都医師会が社会実験する顔写真付き新型コロナウイルス抗原検査陰性証明「東京コロナパス(仮称)」

飯田)加えて、アプリで陰性証明を出すことで経済活動を円滑に行う。東京都医師会では社会実験もやっているようですね。

黒瀬)「東京コロナパス(仮称)」と我々は読んでいますが、顔写真の付いたデジタル証明を開発しました。街中に駐車したキッチンカーに使われるような車のなかで、抗原検査を受けていただき、スマホ上に「陰性でした。何月何日何時」と表示するものです。これから飲みに行く方、あるいは飲みに行くお店の従業員の方に立ち寄っていただいて、「東京コロナパス(仮称)」を陰性証明書として使い、安心・安全に飲食等を楽しんでいただく。歌舞伎町などで実験的に行っています。

飯田)そうすると、いま半分に制限されているイベント参加人数などもこの先、変わるかも知れないですね。

黒瀬)そうですね。このような技術を使って安心・安全に、感染拡大を予防しながら社会経済活動を少しずつ広げ、出口に向けて社会活動が正常化して行っていただきたいですね。

radikoのタイムフリーを聴く

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ