『オールナイトニッポン0(ZERO)』が「HAKUNA Live」での動画ライブ配信をスタート!

ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)』が10月10日(月)よりHAKUNA Liveで動画ライブ配信されることが決定した。

10月に放送開始55周年を迎えた“深夜ラジオの代名詞”『オールナイトニッポン』。2012年にスタートした27時から放送の『オールナイトニッポン0(ZERO)』も10周年を迎え、ますます勢いを増している。そんな『オールナイトニッポン0(ZERO)』が、 ライブ配信・動画投稿アプリ「HAKUNA Live」(株式会社MOVEFAST Companyが運営)とタッグを組み、10月10日(月)から、動画ライブ配信をスタートさせることとなった。

HAKUNA Live内にある、『オールナイトニッポン0(ZERO)』の番組アカウントをフォローすれば、誰でも無料で、スタジオの様子を動画で見ながら生放送を楽しむことができる。さらに、放送後には「HAKUNA Live」限定のアフタートークの配信も予定している。

◆『オールナイトニッポン0(ZERO)』HAKUNA Live配信日
毎週月曜~木曜 27時~28時30分
毎週金曜 27時~29時
パーソナリティ:(月)フワちゃん(火)ぺこぱ(水)佐久間宣行(木)マヂカルラブリー(金)三四郎
※週替わりパーソナリティの土曜日の配信はない

■視聴方法
「HAKUNA Live」をダウンロードし、サインアップ後、番組公式アカウントをフォローして配信通知を受け取り、配信をチェック。
アカウント名:【公式】オールナイトニッポン0(ZERO)
HAKUNA ID:allnight0

■ HAKUNA Liveとは
ソーシャルライブストリーミングサービス”HAKUNA Live”は既存のライブストリーミングサービスに双方向コミュニケーション機能を強化した”ソーシャルライブストリーミング”サービス。 遅延時間のない安定した環境で最大4人が”ゲストモード”で同時に配信を行い、参加できるのが特徴。

・サービス名:HAKUNA Live
・サービス種類:ソーシャルライブストリーミングサービス
・配信形式:iPhone/Android 向けアプリ
・対応OS:iOS 11.0以上/Android5.0以上
・権利表記:(c)MOVEFAST Company. All rights reserved.
・サービスURL:https://app.adjust.com/2od05de

 

フワちゃん、『THE W』1回戦落ち後に事務局に電話を掛けた過去「あたしプライド高いんだって」

11月21日(月)深夜、フワちゃんがパーソナリティを務めるラジオ番組「フワちゃんのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週月曜27時~)が放送。フワちゃんが『女芸人No.1決定戦 THE W』に出場していた頃の話を、元同居人のピン芸人・YouTuberの岡田康太が明かした。

フワちゃん

今回はゲストに、フワちゃんの親友であるお笑いトリオ・トンツカタンの森本晋太郎と岡田を迎え、フワちゃんが岡田の家に居候していた2017年頃の話を展開。ピン芸人として活動していたフワちゃんが『THE W』に出場したときのことについて、岡田が語った。

そのときのフワちゃんは、意気込んで出場したものの1回戦で敗退。その後、ある理由で事務局へ電話を掛けたという。

岡田:フワちゃんが居候してるとき、まだネタをやってたんですよ。

フワちゃん:そうだね、ピンネタやってたんだよ。

森本:『THE W』とか出てたとき?

フワちゃん:1回戦落ちの『THE W』だ(笑)

岡田:あったあった(笑) なんか、1回戦落ちの『THE W』のとき、事務局に電話してなかったっけ?

フワちゃん:あれ、何でだっけ? 何かあったよね?

岡田:『THE W』で、(スタッフからカメラを向けられ)「今から予選ですけど意気込みどうぞ」みたいな感じで言われて。元気な感じで、「絶対優勝しまーす!」みたいな明るい感じで言って、落ちたから、そのVTRが恥ずかしすぎて、電話掛けて、「あのVTR、ちょっと消してもらっていいですか?」って(笑)

フワちゃん:(笑)

森本:誰も観てねーよ(笑)

岡田:「あのVTR、恥ずかしくて……」って。

森本:いいじゃん、それで落ちた方が面白いでしょ、芸人的には。

フワちゃん:よく覚えてるね……(笑)

森本:何、隠滅しようとしてんの?

フワちゃん:いや、だから、あたしプライド高いんだって。

森本:(笑)

岡田:めっちゃプライド高かったな(笑)

岡田康太を抱える?トンツカタン・森本晋太郎とフワちゃん

1回戦で敗退したことによって事前に撮ったVTRが恥ずかしくなり、隠滅しようとしたというフワちゃん。プライドの高さは今も昔も変わっていないとのことで、「笑われるのはいや、笑わせたい」と自身のこだわりを語っていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ