「M」「会いたい」「未来予想図Ⅱ」元・作詞家志望のジャーナリストが解説

潟永秀一郎氏

ジャーナリストとして、社会問題をさまざまな角度から掘り下げるコメントで定評のある、元サンデー毎日編集長・潟永秀一郎さんには「隠れた特技」がある。その特技を生かした不定期企画が、彼がレギュラー出演しているRKBラジオ『櫻井浩二インサイト』で始まり、多くのリスナーの共感を集めている。

その企画とは、昭和から平成のヒット曲の数々の歌詞を読み解く「この歌詞がすごい!」だ。実は潟永さん、かつて作詞家志望だったという。誰もが口ずさめる歌詞に込められた世界観や心情の機微を事細かに解説していく。

5月26日の放送では、「むずかしい言葉より、リアリティ」というテーマで展開。以下の3曲を採りあげた。

①M/プリンセスプリンセス

もともとシングルCD「ダイアモンド」のカップリング曲だが、女性の失恋ソングの定番。作詞をした、ドラマーの富田京子さんの実体験をもとに書かれた。失恋して奥居香(現・岸谷香)さんの家でお酒飲んでいたときに浮かんできた「彼への仕返し」をつづった歌詞が大ヒット!「Mってなに?」と思わせるタイトル、「消せないアドレス/Mのページ/今は伝わらない」実体験が元なので、かなり歌詞にリアリティがある。「あなたのいない右側に/少しは慣れたつもりでいたのに」は車の助手席のシーンだろうか。「肩の向こうに見えた景色さえも」は、助手席側の彼をずっと見ていた様子が思い浮かぶ。それだけ彼のことが好きだったのだろう。飾らない言葉の強さを感じさせる。

②会いたい/沢田知可子

高校生のカップル、彼氏が突然亡くなるというシチュエーションは、チープな設定になりがち。しかし「ビルが見える教室」で、市街地で育った人は実感がわく。「少しの英語とバスケット」からは一緒に帰る姿が伝わる。

③未来予想図Ⅱ/DREAMS COME TRUE

普通の話し言葉で書かれている。「ブレーキランプ5回点滅」、最初はバイクでヘルメット、いまは車。すなわち、2人で成長している姿、そこに共感する。齢をとっても、かなわなくても、幸せな時に思う「変わらずに続いてほしい」という気持ちには、リアリティがある。

どの曲も難しい言葉はなく、リアリティがあり、歌詞カードを見ながらじっくりと曲の世界観に浸りたいと感じさせてくれる。飾らない言葉が、聞く人の心を動かすと実感させる3曲だった。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜~水曜 24時00分~24時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、潟永秀一郎
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

鈴木伸之、“踊るヒット賞”を取って以来「笑いを欲しがるようになってしまった」

7月30日(金)深夜、俳優の鈴木伸之(劇団EXILE)がパーソナリティを務めるラジオ番組「鈴木伸之のオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・24時~)が放送。これまでの俳優生活で唯一獲得できた賞は「踊るヒット賞」だと語る場面があった。

鈴木伸之

鈴木は2010年に劇団EXILEに加入。大ヒット上映中の映画「東京リベンジャーズ」や、現在放送中のドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)、そして10月から放送予定のドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)に出演するなど、精力的に活動している。

冒頭、「すごい、感慨深いですね」と切り出し、5年程前からずっとラジオ番組のパーソナリティを担当したかったと語り、それが実現したことに喜びを語った。

「俳優として賞を取るのが夢の1つ」という鈴木。これまでに唯一獲得できた賞は、人気トークバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)の“踊るヒット賞”だと振り返る。

「10年間やってきた中で、1個だけ取れた賞があるんですよ。踊るヒット賞なんですよね。これはですね、ちょっと面白おかしく聞こえたかもしれないですけど、僕の中ではものすごくうれしくて!

僕は俳優を10年間続けてきたのに、Wikipediaの『人物』の欄に、漢字で“食欲旺盛”の4文字しか書かれてなかったんです。そのエピソードをさんま御殿で話したら、本当にね、今までに味わったことがないぐらい、ドカーン!! ってウケたんですよ。

そのみなさんの笑い声と、さんまさんが『お前、良くやったな~』みたいな顔で、テーブルをドンドンドンドン、棒で叩くのを生で見て。もう、忘れられなくて! それから、舞台挨拶とか制作発表でも笑いを欲しがるようになってしまって。真面目なトークをした方がいいのに、なんか、ちょっとボケちゃったり、そういうことが増えてきたんですけど(笑)。でもね、すごくうれしかったです」

踊るヒット賞を獲得してから、ウケを狙ってボケることが増えてしまったが、「お芝居の賞もちゃんと頂けるような俳優になっていきたい」とも語った鈴木。

以前から悪役に配役されることが多いそうで、公開中の映画「東京リベンジャーズ」でも主人公と敵対する役・キヨマサを演じるが、ドラマ、映画と大ヒットした「海猿」のような作品に強い憧れがあるとのこと。鈴木は「あの、ずっと言ってるんですけど『海猿』みたいな作品がものすごくやりたくて。熱くて、恋愛があって、命に携わってて、人の心を揺さぶる、グッとくるものがやりたいんですけど……」と思いを語るも、「今、真逆のポジションにいるので」と言い笑いを誘っていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ