「M」「会いたい」「未来予想図Ⅱ」元・作詞家志望のジャーナリストが解説

潟永秀一郎氏

ジャーナリストとして、社会問題をさまざまな角度から掘り下げるコメントで定評のある、元サンデー毎日編集長・潟永秀一郎さんには「隠れた特技」がある。その特技を生かした不定期企画が、彼がレギュラー出演しているRKBラジオ『櫻井浩二インサイト』で始まり、多くのリスナーの共感を集めている。

その企画とは、昭和から平成のヒット曲の数々の歌詞を読み解く「この歌詞がすごい!」だ。実は潟永さん、かつて作詞家志望だったという。誰もが口ずさめる歌詞に込められた世界観や心情の機微を事細かに解説していく。

5月26日の放送では、「むずかしい言葉より、リアリティ」というテーマで展開。以下の3曲を採りあげた。

①M/プリンセスプリンセス

もともとシングルCD「ダイアモンド」のカップリング曲だが、女性の失恋ソングの定番。作詞をした、ドラマーの富田京子さんの実体験をもとに書かれた。失恋して奥居香(現・岸谷香)さんの家でお酒飲んでいたときに浮かんできた「彼への仕返し」をつづった歌詞が大ヒット!「Mってなに?」と思わせるタイトル、「消せないアドレス/Mのページ/今は伝わらない」実体験が元なので、かなり歌詞にリアリティがある。「あなたのいない右側に/少しは慣れたつもりでいたのに」は車の助手席のシーンだろうか。「肩の向こうに見えた景色さえも」は、助手席側の彼をずっと見ていた様子が思い浮かぶ。それだけ彼のことが好きだったのだろう。飾らない言葉の強さを感じさせる。

②会いたい/沢田知可子

高校生のカップル、彼氏が突然亡くなるというシチュエーションは、チープな設定になりがち。しかし「ビルが見える教室」で、市街地で育った人は実感がわく。「少しの英語とバスケット」からは一緒に帰る姿が伝わる。

③未来予想図Ⅱ/DREAMS COME TRUE

普通の話し言葉で書かれている。「ブレーキランプ5回点滅」、最初はバイクでヘルメット、いまは車。すなわち、2人で成長している姿、そこに共感する。齢をとっても、かなわなくても、幸せな時に思う「変わらずに続いてほしい」という気持ちには、リアリティがある。

どの曲も難しい言葉はなく、リアリティがあり、歌詞カードを見ながらじっくりと曲の世界観に浸りたいと感じさせてくれる。飾らない言葉が、聞く人の心を動かすと実感させる3曲だった。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜~水曜 24時00分~24時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、潟永秀一郎
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

★12星座占い・12月の運勢★「射手座(いて座)」全体運・恋愛運・仕事運・開運アドバイス

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする12星座占い・12月の運勢。12星座別の2021年(令和3年)12月の「射手座(いて座)」の運勢を、東京・池袋占い館セレーネ所属の占い師・夏目みやびさんが占います。「射手座(いて座)」の12月の運勢(全体運、恋愛運、仕事運)は? 開運アドバイスも!


◆射手座(いて座:11月23日~12月21日)

全体運
良い波に乗っていけそう。特にネガティブな感情をきちんとリセットできれば、さらに飛躍できる可能性も出てくるようです。月の後半は、全力で頑張るのみ。多少キツくても、やり遂げると新たな感情が生まれたり、世界が広がっていくように感じるかも。

恋愛運
恋愛運は引き続き上り坂。自分の想いを素直に伝える機会をつくりましょう。恋人がいる人は、イルミネーションがきれいな場所に行ったり、雰囲気づくりに手を抜かないように。恋人がいない人は、自分の直感を信じて行動すると◎ 友達に恋愛パターンを聞いて、振り回されないようにしましょう。

仕事運
月の前半は、考えすぎないようにすることが開運の鍵。1人で集中できる環境をつくって、コツコツ作業すると良いでしょう。次第に気持ちも前向きになりそうなので、自分のペースを崩さずに取り組めば、飛躍のチャンスもありそう。

ワンポイントアドバイス
どんなときでも“楽しむこと”を忘れずに。自分自身を盛り上げる習慣をつけると、多少大変なことが起きても、冷静に対応することができそうです。“意識が高い若い男性”がキーパーソンなので、接する機会をつくってみるのもアリ。

■監修者プロフィール:夏目みやび(なつめ・みやび)
東京・池袋占い館セレーネ所属。メッセージ性の高い鑑定はリピーターも多く、心の琴線に触れると話題に。占いや開運で個性が輝けるような占いを発信中。Yahoo!占い「マザー占術」など数多くのコンテンツもリリース。
Webサイト:https://miyabi.selene-uranai.com/
オンライン占いセレーネ: https://online-uranai.jp/

Facebook

ページトップへ