全国各地で制作! 芸人がパーソナリティを務めるおすすめラジオ番組【東日本編】

全国ネットではないものの、ラジコプレミアムを使ってほかの地域からメッセージが来たりネタが届いたりと、各地にファンを持つ番組は数多く存在します。

中には“おなじみのハガキ職人”が参加している番組も! 今回は、そんな番組の中から若手芸人がパーソナリティを務める番組を一部ご紹介します。

STVラジオ『しろっぷのイイ加減にしろっぷ!』毎週月曜日 21時〜21時30分 ※野球中継で中止になることもあります。

しろっぷは北海道で活躍しているコンビ。

リスナーのメールによる“しろっぷイジリ”が秀逸です。他の番組で活躍しているリスナーも積極的にイジっています。2人が出演するイベントに遊びに来るリスナーもいて、愛されているのがよくわかります。

ちなみに、ツッコミ担当のひろしさんは札幌にある「ZERO BAR」の店長でもあり、前職は保育士だそうです。詳しくはひろしさんのTwitterをチェックしてみてくださいね!

しろっぷ ひろし さんのTwitter

しろっぷのイイ加減にしろっぷ!
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週月曜 21時00分~21時30分
出演者:しろっぷ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

AIR-G'(FM北海道)『平成ノブシコブシ 魂のコブシ!!』毎週土曜日 20時〜20時30分

北海道出身の平成ノブシコブシと、北海道日本ハムファイターズ ギャラクシーのナビゲーターも務めるDJテツヤさんがお届けしています。

メッセージを紹介する週以外は、ひとつのテーマに沿ってトークを展開しますが、吉村さんの只者ではないようなエピソードが続々と出て来ます。例えば、ストレス発散について話した回では、「ストレスが溜まると赤ちゃんのような行動をする」と告白。ぬるめのお風呂に浸かって、そのまま前進が濡れたままで部屋をハイハイしていたそうです。かなりストレスが溜まっていた頃の話だそうで、現在はゴルフで解消しているとか……。それ以外にも、ここでしか聴けない話が飛び出すので要チェックです!

平成ノブシコブシ 魂のコブシ!!
放送局:AIR-G'(FM北海道)
放送日時:毎週土曜 20時00分~20時30分
出演者:平成ノブシコブシ、DJテツヤ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

RAB青森放送『土曜はDON』毎週土曜日 19時30分〜22時

メインパーソナリティは青森で大人気のお笑い芸人・あどばるーん。

ここ数年は、RABラジオの『チャリティミュージックソン』(※クリスマスに放送)でも大活躍していて、早朝4時45分頃から青森港フェリーターミナル(屋外)で、極寒の中チャリティライブを行っています。

『土曜はDON』のリスナーはノリがよく、特に電話で参加するものまね企画の時は大いに盛り上げます。春からはご当地アイドルで、スタイルとルックスの良さが話題のりんご娘、吉﨑ちひろアナウンサーも参加。

6月9日(土)に青森で行われたニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン 10周年 全国ツアー in 青森」のイベント終了後、オードリーの2人がRABラジオから放送した際、あどばるーんの2人が番組に急遽ゲスト出演することに。レギュラーの本数を聞かれて「ギャラが出ない仕事を含めて8本」と正直に答えていました。

土曜はDON
放送局:RAB青森放送
放送日時:毎週土曜 19時30分~22時00分
出演者:あどばるーん、吉崎ちひろ
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

TBCラジオ『トータルテンボスのぬきさしならナイト』毎週月曜日 22時〜23時

放送開始10年。フリートークに定評があるトータルテンボスがパーソナリティを務めます。

宮城でしか放送されていないにも関わらず、ラジコがなかった頃から遠距離のラジオファンからも愛されてきた番組のひとつです。リスナーとの距離の詰め方も秀逸で、電話を繋いだ際は昔から知り合いであったかのように相手の懐に入って話を引き出します。

個人的には体臭にまつわる話が好きで、思わず「あるある」と思いながら聞き入ってしまいます。「ぬきさしメールクラブ」に入部希望のメールを送ると、2人からメールが届きますよ!

トータルテンボスのぬきさしならナイト
放送局:TBCラジオ
放送日時:毎週月曜 22時00分~23時00分
出演者:トータルテンボス
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

YBC山形放送『バクコメの他力HongGang!!』毎週日曜日 11時〜12時

2014年から放送していた『爆笑コメディアンズの番組タイトル募集中!』が4年後『爆笑コメディアンズの他力HongGang!!』になり、さらにコンビ名の改名を経て今のタイトルに。

ポイントは、アシスタントのなみへいちゃんと、みゆちゃん。特になみへいちゃんは、寝起き(?)かと思うような、脱力感のある受け答えが特徴で、いい意味で爆笑コメディアンズのトークの幅を広げています。

バクコメの他力HongGang!!
放送局:YBCラジオ918
放送日時:毎週日曜 11時00分~12時00分
出演者:バクコメ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

TBSラジオ『かまいたちのヘイ! タクシー』 毎週月曜日 21時〜21時30分

毎回、かまいたちがタクシーに乗ってある場所を目指します。タクシーの運転を担当するのは番組の構成作家。彼がタクシーの運転手でもあったことから生まれた企画です。

車内で交わされるたわいのない会話と、目的地に着いてからの先方とのやりとりが秀逸! ビートたけしさんと親交があることでも有名な浅草「捕鯨船」の大将をはじめ、濃いキャラクターが番組を盛り上げます。

また”リスナー集合企画”も実施。過去には「かまいたちにお願いしたいこと」を考えて池袋に集まるように告知したところ、急なお願いにも関わらず大勢のリスナーが集合しました。

かまいたちのヘイ!タクシー!
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜 21時30分~22時00分
出演者:かまいたち
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

文化放送『トレンディエンジェルのPePePeラジオ』毎週月曜日 26時〜26時30分

トークに定評のあるトレンディエンジェルがパーソナリティを務めます。

番組内コーナーには、自分のコンプレックスを川柳にする「劣等感川柳」、エロティックで笑える誘い文句のネタを送る「エロいコーナー」など、ネタの書き甲斐のあるコーナーが並びます。

フリートークでは時事ネタに関する話を広げたり、嫌味がなくて笑える下ネタをサラリと言う点にも注目。ゲストにアイドルが登場した時は、エロさ全開になります。

トレンディエンジェルのPePePeラジオ
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜 26時00分~26時30分
出演者:トレンディエンジェル
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

YBSラジオ『はみだししゃべくりラジオ キックス』月曜日〜金曜日 13時〜16時30分

平日のお昼~夕方を彩るワイド番組。木曜日は髭男爵の山田ルイ53世さんが登場します。”アシスタントいじり”やリスナーいじり”が絶品なので、ぜひ一度聴いてみてくださいね!

また、山田ルイ53世さんはYBSラジオ『髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ』(毎週金曜日21時〜21時30分)も担当。レギュラー放送を10年、500回続けているものの、地上波で放送されたり、配信のみになったり……。リスナーにとっては思わせぶりな番組です。

山梨のYBSラジオでは編成の都合上、500回目は放送されなかったという、トホホ具合であります。笑える愚痴話が多く、30分のほとんどが愚痴で終わることもしばしば。過去には配信500回記念を祝して90分の生放送を行い、その時もほとんどが愚痴でしたが、Twitterは大いに盛り上がっていました。

はみだし、しゃべくりラジオ「キックス!!」
放送局:YBSラジオ
放送日時:毎週木曜 13時00分~16時30分
出演者:山田ルイ53世、小松千絵
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ぎふチャン『流れ星のキッズスクール』毎週日曜日 10時〜10時30分

岐阜県出身のお笑いコンビ・流れ星が地元で冠番組を放送中。2018年7月で200回を迎えます。フリートークでは、300もの一発ギャグを持つ男・ちゅうえいさんの、細かいことをクドく語るセンスが光ります。ちなみに、ちゅうえいさんのギャグは瀧上さんが考えているそうです。

若手芸人の間で顔が広い2人ならではの、ラジオでしか聴けない芸人仲間の話も聴くことができますよ! リスナーが考えたギャグを送るコーナーや、身近な天然キャラを教えてもらう「あなたの街の瀧上さん」、相談のコーナーなど聴き逃せない話がたくさん飛び出します。中高校生向けですが、30〜40代のリスナーがニヤニヤするネタも多いことが特徴。

東海ラジオでは『流れ星のながらじお!』 (毎週土曜日 23時〜23時30分)も始まりました! ちゅうえいさんがリスナーが送った架空の曲のリクエストを即興で歌う「架空リクエスト」や、大喜利コーナーもあります。

流れ星のキッズスクール
放送局:ぎふチャン
放送日時:毎週日曜 10時00分~10時30分
出演者:流れ星(ちゅうえい、瀧上伸一郎)
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

SBSラジオ『聴くディラン』月曜日〜金曜日 14時〜18時5分

注目は、火曜日の17時45分頃から放送されている「ヒロシのネガティブ相談」。ヒロシさんの近況報告の内容からしてネガティブな発言が飛び出しますが、ある回の放送ではメールの数が少ないことを嘆いていました。

そんなネガティブだらけのコーナーですが、実は1人でキャンプをするのが趣味で、キャンプ中はポジティブだそうです。

聴くディラン
放送局:SBSラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 14時00分~18時05分
出演者:渡邊ヒロアキ、秀光、二村豊人、黒田菜月
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ