Official髭男dism・小笹大輔「今後を象徴するような楽曲にしていきたい」新曲「HELLO」に込めた思いを語る



ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」。8月1日(土)の放送は、Official髭男dismから小笹大輔さん(Gt)、松浦匡希さんが(Dr)リモートで出演。初めて買ったCDや、8月5日(水)リリースのEP『HELLO EP』についてお伺いしました。

◆レミオロメンに緊張して…(松浦)

──松浦さんが初めて買ったCDはなんですか?
 
松浦:レミオロメンさんの『ether [エーテル]』ってアルバムですね。
 
──なぜそのアルバムだったのですか?
 
松浦:中学1年生のときに、当時「粉雪」とか「3月9日」とかが流行っていて、初めて組んだバンドで“コピーしたいな”と思って、バンドメンバーみんなで買いに行きました。
 
──コピーはできましたか?
 
松浦:いや、できていなかったと思います(笑)。
 
──映像とかは残っていたりしますか?
 
松浦:映像はないんですけど、写真はまだ実家にありますね。
 
──実際にレミオロメンさんにお会いしたことはありますか?
 
松浦:あります!
 
──コピーをしたことを伝えましたか?
 
松浦:伝えたんですけど、緊張して何をしゃべっているのか分からなかったです。
 
──小笹さんは、その様子をみてどう思いましたか?
 
小笹:“緊張してるな~、テンパってるな~”って感じで面白かったです(笑)。
 
松浦:(レミオロメンの)みなさんが、ちゃんとお話を聴いてくださって、とても優しい方々でした。
 
──当時からドラムだったのですか?
 
松浦:そうですね。ドラム缶を叩く所から始まって、空き缶とかも叩いていたんですけど、“流石にやばいな”って思ってドラムを買うことにしました。
 
──ほかに当時コピーしていたバンドはありますか?
 
松浦:ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんの曲とかも多かったですね。
 
──小笹さんは何をコピーしていましたか?
 
小笹:僕もASIAN KUNG-FU GENERATIONさんや、あとはHi-STANDARDさんとかですかね。パンクロックをコピーしていました。
 
──最初からギターでしたか?
 
小笹:そうですね。兄がギターを持っていて、それで弾いてみたらハマってしまって、それからですね。
 
──ケンカにはならなかったですか?
 
小笹:(兄は)とても優しいので、ケンカにはならなかったですね。
 
──昔はどんな練習をしていましたか?
 
小笹:僕は教則本を買って、楽譜を読んだりしていましたね。あとは、ちょっと踏み込んだ教則本とかね。でも1番は“好きな曲をたくさんコピーすること”かな? 聴いたことのある曲が自分の手元から聞こえてくるのは、すごく高揚感のあることなので、いいと思います。
 
──Official髭男dismの曲だったら何がオススメですか?
 
松浦:それこそ今回発売するEPの「HELLO」とか「Laughter」は手がつけやすいと思いますね。
 
──お2人は“ボーカル”っていう選択肢はありませんでしたか?
 
小笹・松浦:なかったですね(笑)。
 
◆未発表曲は“アルバム何枚分”作れるくらいある
──8月5日(水)リリースのEP『HELLO EP』ですが、なぜこのタイトルなのですか?
 
小笹:収録曲の「HELLO』が、“今後のOfficial髭男dismを象徴するような楽曲にしていきたい”という思いもあって、そこから付けました。ライブが再開して“この楽曲をやったら気持ちいいだろうな”と思いながら日々過ごしてます。
 
──映画『コンフィディスマンJP ロマンス編』に続いて、『コンフィディスマンJP プリンセス編』の主題歌を担当しましたが、今回はプレッシャーとかはありましたか?
 
小笹:それなりにはあったんですけど、プロデューサーさんは「『Pretender』を超える曲を作ってくれ」というようなことではなく、「楽しく、面白い曲を作って欲しい」という感じだったのでプレッシャーみたいなのはなかったですね。
 
──Vo.藤原さんはどうでしたか?
 
小笹:曲を作るときは結構こもる感じで、スタジオとかで1人でピアノを弾いて作っていますね。でも、邪魔できない(くらいピリピリ)って感じではなくて、普通に集中しているなって感じですね。
 
──でき上がった曲は、どの段階で聴くのですか?
 
小笹:“こういう曲をやりたい”って聞かせてもらったり、みんなが楽器を持っている状態なら、弾き語りで聴かせてもらったり、あとはもう“完成なんじゃないかな”ってくらい、しっかり作ってから聴かせてもらうときもありますね。
 
──歌詞の意味とかは聞くのですか?
 
小笹:結構、レコーディングの直前まで決まっていなくて、レコーディングのときにガラッと変わったりもするので、いろんなパターンの歌詞があります。
 
──歌詞の相談に乗ることはありますか?
 
松浦:ありますね。“これ、どうかな?”くらいは相談してもらえますね。
 
──ガラッと変わった曲とかってありますか?
 
小笹:収録曲の「Laughter」はかなり変わりましたね。
 
──そして、収録曲「夏模様の猫」はインディーズ時代の曲ということで、今回なぜこの曲を入れようと思ったんですか?
 
小笹:昔からお気に入りの曲で、いつかちゃんとレコーディングをして発売したいと思っていて、ちょうど発売も夏だったので“ちょうどいいな”ということで完成しました。
 
──ちなみに、未発表の曲はどのくらいあるのですか?
 
松浦:かなりたくさんありますね。“アルバム何枚分”って作れるくらいはあると思います。
 
──それは、これから発表していきますか?
 
松浦:現在進行形でも作っていて、そのときに“いいな”と思ったものを収録するので、いつ世に放たれるかわからないですね。
 
【番組からのお知らせ&プレゼント】
8月8日(土)の「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」は、Ms.OOJAさんがゲストに登場! そして、青森のりんごジュース「密閉搾りねぶた缶」を3名様、またはJAタウンギフトカード(4,500円分)を1名様にプレゼントします。番組ホームページからご応募ください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2020年8月9日(日)AM 4:59 まで
 
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JA全農 COUNTDOWN JAPAN
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜13:00~13:55
パーソナリティ: ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/cdj/
この記事を読む