東日本大震災から11年…被災地の現状、今後の課題を伝えるラジオ番組

2011年3月11日に発生した東日本大震災から今年で11年目を迎えます。今年も被災地や被災者、復興支援活動の現状、知っておきたい防災の知識などを伝えるコーナーが放送される番組や特別番組をご紹介します。

3月11日放送

IBCラジオ『東日本大震災から11年 ~語り継ぐ3.11~』

震災を後世に語り継ごうと活動する人たちの取り組みや、岩手県と合同で行われる大槌町での追悼式の中継などをお送りします。

東日本大震災から11年 ~語り継ぐ3.11~
放送局:IBCラジオ
放送日時:2022年3月11日 金曜日 13時05分~16時00分
出演者:齋藤徳美(岩手大学名誉教授)、神山浩樹、菊池幸見、長谷川拳杜、川島有貴

※放送情報は変更となる場合があります。

TBCラジオ『3.11みやぎホットラインスペシャル』

アナウンサーによる事前取材や中継・電話でのリポートを交えながら震災から11年が経つ宮城の今を伝えます。リスナーには「震災のこと、どう伝えていますか」をメッセージテーマに、日頃心掛けていることや節目節目で取り組んでいることなどを募集します。

3.11みやぎホットラインスペシャル
放送局:TBCラジオ
放送日時:2022年3月11日 金曜日 12時00分~16時00分
出演者:パーソナリティ:藤沢智子、守屋周 ゲストコメンテーター:大沼正寛(東北工業大学教授)
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

RFCラジオ福島『想い紡いで、これからの未来へ。』

約12時間に及ぶ特別編成番組を放送。福島県内の施設からの中継やシンガーソングライター・普天間かおりさんら、復興活動に携わる人たちの電話出演、東日本大震災追悼復興祈念式の模様をお届けします。

想い紡いで、これからの未来へ。
放送局:RFCラジオ福島
放送日時:2022年3月11日 金曜日 7時00分~18時45分
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

TBSラジオ『生島ヒロシのおはよう定食・一直線』

宮城県気仙沼市出身で自らも被災した経験を持つ生島ヒロシさんが、津波で全壊した高校の校舎を転用した気仙沼市の「東日本大震災遺構・伝承館」から生中継でお届けします。震災当時、気仙沼市の危機管理課長を務めていた館長の佐藤健一さんと当時を振り返り、今後取り組むべきことについて考えます。

生島ヒロシのおはよう定食・一直線
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 5時00分~6時30分
出演者:生島ヒロシ ゲスト:佐藤健一(気仙沼市 伝承館館長)
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

TOKYO FM『11年目の春だより~震災と東京~』

震災発生時、TOKYO FMで生放送番組のパーソナリティを担当していた鈴木おさむさんがインタビュアーとなり、被災地から東京へ移り住んだ人へ震災から11年の春にどんな思いでいるのかを伺います。

ゲストにはいとうせいこうさんを迎え、被災地へ取材した模様をオンエア。そのほか、福島県双葉町からの現地リポートや、東京で被災をしたときに備える防災アドバイスもお届けします。

TOKYO FM 特別番組 11年目の春だより~震災と東京~
放送局:TOKYO FM
放送日時:2022年3月11日 金曜日 13時00分~15時00分
出演者:鈴木おさむ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

J-WAVE『ALL GOOD FRIDAY』

各コーナーで防災にまつわる最新情報などをお届けします。募集するメッセージテーマは「あの日を忘れない 首都圏に暮らす私たちは、あの日あの時間なにをしていましたか?」。

震災復興支援ラジオ番組『Hitachi Systems HEART TO HEART』Season7でナビゲーターを務めた藤巻亮太さんも登場し、番組取材を通して感じた気持ちを書き下ろした楽曲「大地の歌」を歌います。

ALL GOOD FRIDAY
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週金曜 11時30分~16時00分
出演者:LLiCo、稲葉友
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#allgood813」

※放送情報は変更となる場合があります。

bayfm78『NEXT RADIO 2022』

NHK千葉放送局との3時間同時生放送。「絆、この先もずっと」をテーマに、ラジオと人の間にある「絆のチカラ」を考えていきます。bayfm78からは『KISS&SMILE』(毎週金曜 19時〜)を担当する森口博子さん、『HEARTLUCK』(毎週土曜 6時30分〜)を担当するKOUSAKUさんが出演します。

NEXT RADIO 2022
放送局:bayfm78
放送日時:2022年3月11日 金曜日 13時00分~16時00分
出演者:森口博子、KOUSAKU、喜多賢治(NHK千葉放送局)
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#NEXTRADIO」

※放送情報は変更となる場合があります。

3月12日放送

文化放送『文化放送サタデープレミアム 被災地の真実~双葉高校野球部 11回目の春 バックホーム』

震災発生年から毎年さまざまなテーマでお届けしている『シリーズ被災地の真実』。今回は、小説家・重松清さんが福島県立双葉高校野球部の元メンバーのもとを訪ね、仲間たちとの絆や双葉町の復興、そして自分たちが感じる「心の復興」について正直な思いを伺います。

文化放送サタデープレミアム 被災地の真実~双葉高校野球部 11回目の春 バックホーム
放送局:文化放送
放送日時:2022年3月12日 土曜日 18時00分~18時57分
出演者:重松清、 鈴木純子(文化放送アナウンサー)
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

災害時の強い味方はラジオ

災害時に情報を得る手段として、スマホでラジオを聴くことの有用性が注目されています。 ラジオには、速報性、地域に根ざした細やかな災害情報、日頃から親しんでいるパーソナリティによる安心感など、テレビやネッ ト、SNSにはないメリットがあります。 スマホでラジオを聴くことができるアプリ、ラジコは全国の民放ラジオ局、NHKラジオ、放送大学の番組を配信。ラジオやテレビのない外出先で災害が発生したときも、すぐに必要な情報にアクセスすることができます。

また、音声配信アプリであるラジコは、動画配信アプリに比べる とバッテリーとデータ通信量の消費が格段に少ないという大きな メリットがあり、災害時の利用に適しています。

災害時の強い味方!「スマホでラジオ」で防災に備えよう

ラジオはなぜ災害時に強いのか?

自然災害が増える近年、災害時にスマホでラジオを聴くことの有用性が注目されています。ラジオには、速報性、地域に根ざした細やかな災害情報、日頃から親しんでいるパーソナリティによる安心感など、テレビやネット、SNSにはないメリットがあります。

ラジオはなぜ災害時に強いのか? テレビとは違う“ラジオならではの特性”とは

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

乃木坂46 久保史緒里「なんか、息子みたいな感じだよね」 家のルンバを溺愛

8月3日(水)深夜、乃木坂46で3期生の久保史緒里がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)が生放送。ロボット掃除機・ルンバの名前にこだわる理由や、上京してから使っている小さいテレビを使い続ける理由について語った。

乃木坂46 久保史緒里

前回7月27日(水)の放送は、久保は新型コロナウイルス感染の療養のため休演し、代打として同期の7人がパーソナリティを担当。同期が“久保あるある”を披露し、「久保ちゃんの家には物が無い」「テレビがすごく小さい」「ルンバに名前をつけ、改名もした」「プロジェクターでただただ野球を見ている」などと暴露。

これを受け、8月3日の放送で久保は「検証していこうと思います」と切り出し、全て事実だと語った。

「ルンバを買った直後につけた名前が『ひなた』です。何でかというと、よく同級生と『子どもに名前をつけるなら?』みたいな会話をするじゃないですか? その流れで『ひなた』っていい名前だよね、ってなって。

でも今は、うちのルンバは『むぎた』って言います。『ひなた』って名付けてから少したって、映画『花束みたいな恋をした』を見たんですよ。有村架純さんと菅田将暉さんの、めちゃめちゃ素敵な映画を見に行ったんです! お2人の、主人公の名前が『絹ちゃん』『麦くん』で、まんまと影響されちゃって(笑)

何でルンバに名前をつけたかというと、遠隔操作ができて、スマホで家のルンバを動かせるんですよ。でも、障害物とか、なにかに絡まったりとかすると止まって、スマホに通知が来るんです。『“むぎた”が困っています。助けてあげてください』って! あと、『むぎたが無事、家に帰れました』とか。なんか、息子みたいな感じだよね。だから名前をつけているんですよ」

ロボット掃除機の名前を自由に変更できる機能があり、その通知がかわいい為、真面目に名前をつけたという久保。

乃木坂46 久保史緒里

また、「テレビがすごく小さい」ということについても、「本当です」と告白し、大きさはB4サイズの紙、ノートパソコンのモニターほどの大きさとのこと。買い替えない理由について「上京した時、私は中学生だったから、自分でお金を稼ぐことができていなくて。そういう中で親が買ってくれたっていうのが、なんか私の胸の中にすごいあって。親が買ってくれた物を買い換えるっていうことが、罪悪感じゃないんですけど、なんか違うな……って」と説明。家族との思い出から、新しい物を買うことに躊躇していると明かした。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ