秋のG1レース2021! 競馬はラジコで聴こう

今年も秋のGIレースが開幕! 10月3日(日)のスプリンターズステークスを皮切りに、クラシック三冠を締めくくる菊花賞、日本と世界の強豪馬が競演するジャパンカップなど注目の大レースが目白押しです。各GIレースの紹介と競馬中継番組をまとめたので、ぜひラジコで競馬中継をお楽しみください。

秋競馬レースまとめ

10月3日(日)「スプリンターズステークス」

中山競馬場で開催される、秋のGⅠ戦線最初のレースです。春に開催される高松宮記念が「春のスプリント王決定戦」と称されるのに対して、スプリンターズステークスは「秋のスプリント王決定戦」として位置付けられています。

「スプリンターズステークス」記事はこちら

10月17日(日)「秋華賞」

京都競馬場で開催される3歳牝馬限定のGI競走です。桜花賞、オークスに続く牝馬三冠の最終戦として位置付けられており、エリザベス女王杯に挑戦する馬も多い傾向にあります。今年は京都競馬場の整備工事に伴い、阪神競馬場で開幕される予定です。

「秋華賞」記事はこちら

10月24日(日)「菊花賞」

皐月賞、東京優駿(日本ダービー)に続く、クラシック三冠の最終戦です。「最も速い馬が勝つ」皐月賞、「最も運のある馬が勝つ」日本ダービーに対し、菊花賞は2度の坂越えと3000mの長丁場を乗り切るタフさを求められる事から「最も強い馬が勝つ」と称されています。例年、京都競馬場で開催されますが、今年は秋華賞と同じく阪神競馬場で行われます。

「菊花賞」記事はこちら

10月31日(日)「天皇賞・秋」

天皇賞・春とともに、GI競走の中でも長い歴史と伝統を誇る競走です。ジャパンカップ、有馬記念とともに位置付けられている「秋古馬三冠」の第1戦にあたります。天皇賞・春は「4歳以上のステイヤー日本一決定戦」と称されるのに対して、天皇賞・秋は「3歳以上の中距離ナンバー1決定戦」と明確に区別されています。

「天皇賞」記事はこちら

11月14日(日)「エリザベス女王杯」

1970年に3歳牝馬三冠競走の最終戦として創設された「ビクトリアカップ」が前身で、1975年のエリザベス女王が来日した事を記念し、1976年に現在の「エリザベス女王杯」として新たに創設されました。1996年に秋華賞が新設されて以降は、牝馬三冠路線を歩んできた3歳馬と古馬牝馬の実力馬が一堂に会する、3歳以上の女王決定戦として親しまれています。

「エリザベス女王杯」記事はこちら

11月21日(日)「マイルチャンピオンシップ」

春に行われる安田記念とともにマイルのチャンピオン決定戦として位置付けられており、「下半期のベストマイラー」を決めるGI競走です。短距離の実績馬はもちろん、クラシック路線を歩んできた3歳馬や天皇賞・秋の出走馬など、多彩なメンバーが揃うレースとしても注目されています。

「マイルチャンピオンシップ」記事はこちら

11月28日(日)「ジャパンカップ」

「世界に通用する強い馬作り」を目指すべく、1981年に日本初の国際招待競走として創設。11月下旬の東京競馬場・芝2400mを舞台に行われています。国内の実力馬と海外の強豪が集う一戦という事もあり、これまで記憶に残る数々の名勝負が繰り広げられています。

「ジャパンカップ」記事はこちら

競馬の中継番組まとめ

ラジオ日本『日曜競馬実況中継』

日曜競馬実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時30分
出演者:解説:長谷川仁志(第1部)、境和樹、佐藤直文(第2部)
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

MBSラジオ『GOGO競馬サンデー!』

GOGO競馬サンデー!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~16時30分
出演者:来栖正之(MBSアナウンサー)、河本光正(MBSアナウンサー)、三宅秀一郎、奥村麻衣子、西村敬、丹羽崇彰
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジオ大阪『OBCドラマティック競馬』

OBCドラマティック競馬
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 10時00分~13時00分
出演者:西村寿一、濱野圭司、田辺大介、三宅きみひと、松下翔、武田英子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジオNIKKEI第1『中央競馬実況中継』

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジオNIKKEI第2『中央競馬実況中継』

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第2(RaNi Music♪)
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Coldplay×BTSの初タッグ曲が2位!制作ドキュメンタリーも公開中【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』で、Oslo Ibrahimの『Baby Don’t Let Me Go』が1位を獲得した。

このチャートは、J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。番組では世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは10月3日(日)付のチャートを紹介!

10位:桑田佳祐『Soulコブラツイスト~魂の悶絶』

桑田は10月6日(水)にソロデビュー34周年の節目を迎える。サザンオールスターズとしては1978年の『勝手にシンドバッド』でデビューしたため、デビュー43周年となる。まだまだエネルギッシュな桑田は現在ニューEPを引っ提げ全国ツアー中で、大みそかの横浜アリーナ公演まで続く。

9位:TENDRE feat. SIRUP『ENDLESS』

9月29日にメジャーファーストアルバム『IMAGINE』をリリースしたTENDREは、同日リリースを記念してYouTubeで生配信ライブを開催。TENDREの歌声とグランドピアノのみという構成で、アルバムの収録曲を中心におよそ1時間30分にわたっておこなわれたライブ。TENDREのオフィシャルYouTubeチャンネルにアーカイブされているので、見逃した人はぜひチェックしてみては。

8位:LISA from BLACKPINK『LALISA』

BLACKPINK唯一のタイ出身のメンバーLISA。世界はもちろん、地元タイでは絶大な人気を誇っている。国民だけでなく、タイ政府もLISAの活躍を「世界にタイのいいイメージを広めてくれてありがとう」と称賛。この曲のミュージックビデオでは、タイのきらびやかな民族衣装に身を包んだシーンも入っている。さらにLISAは現在、タイでK-POPダンスアカデミーを設立することを計画しているのだとか。実現したらタイから第2、第3のLISAが誕生するかも。

7位:aiko『食べた愛』

『食べた愛』はaikoの41枚目のシングル。aikoはオフィシャルサイトでこの曲について「片想いの曲ではあるんですけど、せつなくて苦しい感情ではなく、相手のことを考えている時間を楽しむ気持ちを書きたかったんですよね。夜中に相手のことを思うと、心の中にいろいろな色が浮かんできてすごく楽しいし、そういうときってだいたいポテチを食べてるなと思って(笑)」とコメント。歌詞は冒頭の部分から一気に書きあげていったのだとか。

6位:butaji『free me』

butajiはシンガーソングライター藤原 幹によるソロユニット。この曲のアレンジはtofubeatsが手がけている。小さい頃からバイオリンを習っていて、クラシックに慣れ親しんでいたbutaji。小学生のころに初めて買ったCDは辛島美登里の『愛すること』だったそう。butajiは10月10日(日)の『TOKIO HOT 100』にゲスト出演する。

5位:Anderson .Paak『Fire In The Sky』

『Fire In The Sky』はただいま大ヒット中のマーベル・スタジオ映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のEDソング。マーベル・スタジオ初のアジア系ヒーローが活躍する作品で、中国系カナダ人のシム・リウが主演を務め、マーシャルアーツ全開のアクションシーンが見どころ。アメリカ国内での興行収入は2億ドルを突破して今年1番のヒットとなったものの、シムが2017年のインタビューで中国を批判したことによって上映が認められず、同映画は現在に至るまで中国で公開されていないため、世界での興行は伸び悩んでいる。

4位:Ed Sheeran『Shivers』

Edは11月に待望のニューアルバム『=』をリリース。アルバムを引っ提げたツアーが2022年4月からスタートする。アイルランドのダブリンからスタートし、Edの地元イギリスを周ってからヨーロッパ各国へ。もちろん会場はすべてスタジアムクラス。まだ発表されていないが恐らく北米も周ると思われ、今後状況が許せばアジアを訪れる可能性もあるとのこと。2017年から2019年のツアーでは、史上最高となるおよそ850億円の興行収入をたたき出しただけに、今回も期待は高そうだ。

3位:藤井 風『燃えよ』

藤井は10月2日に開催した横浜アリーナ公演を皮切りに「Fujii Kaze “HELP EVER ARENA TOUR”」がスタート。『燃えよ』にVOTEした人たちからは「風くん、もうすぐツアーが始まるね。頑張ってね、神戸で会えるのを楽しみにしています」「代々木体育館のライブ待ちきれません!」「藤井 風さん大好きです! アリーナツアーで、初めて生で聴けるのをとっても楽しみにしています」といったコメントが寄せられた。

2位:Coldplay × BTS『My Universe』

イギリスが世界に誇るビッグバンドColdplayとBTSが初めてタッグを組んだコラボソングで、作詞作曲をColdplayが手掛け、韓国語の歌詞をBTS、プロデューサーは世界的ヒットメーカーMax Martinが務めている。ColdplayのフロントマンChris Martinは、コロナ禍で国境間の移動に制約が多いにもかかわらず、この曲の制作のために韓国を訪れ、BTSに実際に会ってレコーディングを実施。BTSの公式YouTubeチャンネルにはこの曲の制作ドキュメンタリー映像がアップされているので、気になる人は要チェックだ。

1位:Oslo Ibrahim『Baby Don’t Let Me Go』

インドネシアにいるOslo Ibrahimはこの日の『TOKIO HOT 100』にリモートでゲスト出演。クリスは「インドネシア、マレーシア辺りはいいミュージシャンがたくさんいる。最近アジア勢が頑張っているので、また東南アジアのほうからもいいミュージシャンがどんどん出てくるのかな」と期待を寄せた。

1位:Oslo Ibrahim『Baby Don’t Let Me Go』
2位:Coldplay × BTS『My Universe』
3位:藤井 風『燃えよ』
4位:Ed Sheeran『Shivers』
5位:Anderson .Paak『Fire In The Sky』
6位:butaji『free me』
7位:aiko『食べた愛』
8位:LISA from BLACKPINK『LALISA』
9位:TENDRE feat. SIRUP『ENDLESS』
10位:桑田佳祐『Soulコブラツイスト~魂の悶絶』


『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

Facebook

ページトップへ