神田伯山、オードリー、斎藤工…トークがおもしろいラジオ番組!【関東編】

関東エリアのラジオ局の中から、トークがおもしろい番組をピックアップ! 講談界の風雲児・神田伯山さんやサッカー日本代表・槙野智章さんらパーソナリティのジャンルも多種多様です。トーク番組を純粋に楽しみたい人も、トークスキルを身につけたい人も、ぜひチェックしてみてください。

神田伯山出演 TBSラジオ『問わず語りの神田伯山』

2002年2月に真打昇進を果たし、「日本一チケットの取れない講談師」としても評価の高い講談師・神田松之丞改め、六代目神田伯山さんの番組です。

伯山さんのボヤキ芸を存分に堪能できるのがこのラジオ。「知り合いの芸人からいただいた出産祝いが1000円だった」、「某有名ホテルの寄席でお弁当が出なかった」など、日常の愚痴や他人の悪口を巧みな話術でストーリーに昇華させ、リスナーを大爆笑の渦に巻き込みます。

伯山さんの濃縮された新ネタが楽しめる30分。次の週まで何度も繰り返し聴きたくなるボヤキは必聴ですよ!

ラジコをパソコンで聴く

問わず語りの神田伯山
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週金曜 21時30分~22時00分
出演者:神田伯山
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#伯山ラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

神田伯山がパーソナリティを務めるラジオ番組

武田鉄矢出演 文化放送『武田鉄矢・今朝の三枚おろし』(『なな→きゅう』内)

歌手や俳優、コメンテーターとしても活躍する武田鉄矢さんのミニ番組。タイトルの「三枚おろし」にちなみ、毎週1つのテーマに沿って武田さん武田流にさばいていきます。扱うテーマも日常生活から歴史、社会問題まで幅広いです。

番組のエンディングでは、武田さん自らが包丁でまな板を叩く演出で締められ、毎朝の生活をシャキッとさせるような10分間をお届けします。

武田鉄矢・今朝の三枚おろし
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~金曜 7時40分~7時50分
出演者:武田鉄矢
番組ホームページ

※『なな→きゅう』内での放送

※放送情報は変更となる場合があります。

高田文夫出演 ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』

『ビートたけしのオールナイトニッポン』の放送作家としても知られる高田文夫さんを始め、日替わりのレギュラー陣がその日の話題やニュースを独自の視点でお届けします。

芸能界でも福山雅治さんや宮藤官九郎さん、阿部サダヲさんらが番組リスナーである"ビバリスト"と公言し、これまでにゲスト出演を果たしています。

番組開始から30年経った現在も高田さんのトーク力は衰えず、ますます冴えるばかり。お笑いのセンスやトーク力を身につけたい人におすすめの番組です。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜~金曜 11時30分~13時00分
出演者:高田文夫(月・金)、(月)松本明子(火)東貴博、山根千佳(水)春風亭昇太、乾貴美子(木)清水ミチコ、ナイツ(塙宣之、土屋伸之)(金)松村邦洋、磯山さやか
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ビバリー昼ズ」

※放送情報は変更となる場合があります。

オードリー出演 ニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』

オードリーがパーソナリティを務める人気番組。リスナーは"リトルトゥース"と呼ばれ、日本テレビアナウンサー・水卜麻美さんやタレント・小島瑠璃子さんといった多くの有名人も愛聴しており、2019年10月で放送10周年を迎えました。

番組は基本的に二人のフリートークで進行していき、知人やショーパブ芸人の話、春日さん独特の「春日語」が飛び交います。また、番組終盤のネタコーナー「死んでもやめんじゃねーぞ」は、2010年から続く春日さん発案の人気コーナーです。

ラジオでしか聴けない“限界ギリギリのトーク”をお楽しみください!

オードリーがパーソナリティを務めるラジオ番組

オードリーのオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 25時00分~27時00分
出演者:オードリー(若林正恭、春日俊彰)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#annkw」

※放送情報は変更となる場合があります。

Dave Fromm出演 InterFM897『The Dave Fromm Show』

パーソナリティのDave Fromm(デーヴ・フロム)さんが厳選した音楽とともに、笑いと毒を発信する“陰謀ROCKバラエティ番組”です。InterFM897の看板パーソナリティでもあるDaveさんは、これまでに数多くの企業CMやナレーションを務めています。

アシスタントのジョー横溝さんとの掛け合いで繰り広げられるトークは、多くのミュージシャンから支持されており、スピッツやLUNA SEA・INORANさん、堂珍嘉邦さんらがリスナーであることを公言しています。中でも、INORANさんや堂珍さんは準レギュラーとして番組に度々出演しています。

毎週水曜には、世の中の陰謀やオカルトについて語り合うコーナーも用意しています。

The Dave Fromm Show
放送局:InterFM897
放送日時:毎週月曜~金曜 17時00分~19時00分
出演者:Dave Fromm
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#DFS897」

※放送情報は変更となる場合があります。

マンボウやしろ出演 TOKYO FM『Skyrocket Company』

明日へ狼煙を上げるラジオの中の会社「Skyrocket Company」で行われる夕方のアフター会議で、"本部長"のマンボウやしろさんと"秘書"の浜崎美保さんが"社員"であるリスナーを後押しします。

トークテーマは仕事の悩みや愚痴、恋愛やアプリの話などが多く、仕事中に息抜きしたい人におすすめの番組です。番組リスナーは社会人が多いこともあり、毎月1回「飲み会」と称した親睦イベントが開催されています。

Skyrocket Company
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~木曜 17時00分~19時48分
出演者:マンボウやしろ、浜崎美保
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#スカロケ」

※放送情報は変更となる場合があります。

LiLiCo、稲葉友出演 J-WAVE『ALL GOOD FRIDAY』

金曜日を熱く、ハッピーに盛り上げる4時間半の番組です。映画コメンテーターとして活躍するLiLiCoさんと俳優・稲葉友さんがナビゲーターを担当しています。

LiLiCoさんの軽快なトークが特徴で、リスナーの人生相談にアドバイスする「FOLLOW ME!!」ではLiLiCo節が炸裂。コーナーの締めには、LiLiCoさんからの「ありがたきお言葉」と、LiLiCoさん選曲の「処方ソング」がリスナーに送られます。

「HAPPY DATE」のコーナーでは、主に男性ゲストがLiLiCoさんとの妄想デートプランをプレゼンテーションし、LiLiCoさんが星の数で評価します。

ALL GOOD FRIDAY
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週金曜 11時30分~16時00分
出演者:LiLiCo、稲葉友
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#allgood813」

※放送情報は変更となる場合があります。

お笑い芸人、アイドルが多数出演 ラジオ日本『60TRY部』

最新のエンタメや音楽情報など、今気になる話題をお届けする3時間のマルチエンタメ情報番組です。ブレイクが期待されるアーティストがゲストとして登場します。

パーソナリティを始めとした出演者が多いのもこの番組の特徴。パーソナリティは、土谷隼人(ななめ45°)さん、マシンガンズが務めます。

曜日ごとに替わる出演者には、竹内朱莉さん(アンジュルム)や、岸本ゆめのさん(つばきファクトリー)、岡田ロビン翔子さんら現役アイドルや女性タレントが番組を盛り上げます。

60TRY部
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週火曜~金曜 17時55分~21時00分
出演者:(火~木)土谷隼人(ななめ45°)、(金)マシンガンズ、(火)竹内朱莉(アンジュルム)、岸本ゆめの(つばきファクトリー)、(水)玉井杏奈、(木)岡田ロビン翔子、(金)百花、高野祐衣、三田麻央
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

Twitterハッシュタグは「#try1422」

※放送情報は変更となる場合があります。

清野茂樹出演 ラジオ日本『真夜中のハーリー&レイス』

プロレスをこよなく愛するフリーアナウンサー・清野茂樹さんがお届けするプロレス番組です。ゲストを「挑戦者」に見立て、プロレスラーだけでなくプロレスファンの著名人や文化人を相手に、トークで熱い闘いを繰り広げます。

番組タイトルの「ハーリー&レイス」は、"美獣"の異名で知られる名レスラー、ハーリー・レイスさんが由来で、レイスさん本人も過去にゲスト出演をしています。

真夜中のハーリー&レイス
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜 21時30分~22時00分
出演者:清野茂樹
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#美獣」

※放送情報は変更となる場合があります。

斎藤工出演 bayfm78『TAKUMIZM』

2007年4月から放送が続く俳優・斎藤工さんのラジオ番組です。俳優業のほか、映画監督としても活躍している斎藤さんの何気ないトークや選曲からは、知識の奥深さが伺えます。

俳優仲間だけでなく、斎藤さんと交流がある芸人もゲストとして登場しており、「ガキの使いやあらへんで」(日本テレビ)の年末特番で共演したサンシャイン池崎さんや永野さんも出演しています。

最新の出演作や監督作の情報をいち早く知れる、斎藤工さんの今が詰まった30分番組です!

ラジコをスマートフォンで聴く

TAKUMIZM
放送局:bayfm78
放送日時:毎週土曜 23時30分~24時00分
出演者:斎藤工
番組ホームページ
公式Facebook

Twitterハッシュタグは「#TAKUMIZM」

※放送情報は変更となる場合があります。

槙野智章出演 NACK5『浦和レッズ槙野智章 マキスタ~頑張る時は、いつも今!』(『Saturday Morning Radio』内)

Jリーグ・浦和レッズ所属、日本代表としても活躍する槙野智章さんのラジオ番組です。サブタイトルの「頑張る時は、いつも今!」は、槙野さんの座右の銘から付けられたそうです。

アシスタントなしの一人しゃべりで滑舌良く繰り広げられる槙野さんのトーク力は業界人も顔負け。ムードメーカーの槙野さんならではの裏話や、トレーニング法、ゲストを迎えてのトークなど、槙野さんのイメージがガラリと変わる番組です。

浦和レッズ槙野智章 マキスタ~頑張る時は、いつも今!
放送局:NACK5
放送日時:毎週土曜 9時10分~9時20分
出演者:槙野智章(浦和レッズ)
番組ホームページ

※『Saturday Morning Radio おびハピ!』内での放送

※放送情報は変更となる場合があります。

鈴木裕介出演 FMヨコハマ『U-MORE!』

ナレーター・司会者として活動する鈴木裕介さんが、企画から制作まで自ら行うワンマンDJのマルチLIVEパフォーマンス・プログラム。

洋楽を中心に、金曜の夜にフィットする音楽を鈴木さん独自の目線で紹介します。

リスナーからSNS経由で届いたコメントを鈴木さんが細かく拾うので、リスナーひとりひとりとトークしているような感覚で楽しめます。

放送日が誕生日の方をお祝いするコーナーでは、本人だけでなく友達や奥さん、甥っ子まで対応してくれる懐の深さ。ぜひ、SNSでも気軽に参加してみてください!

U-MORE!
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週金曜 19時00分~21時45分
出演者:鈴木裕介
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#umore847」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ